白ワインの女王「シャルドネ」とは?特徴や生産地ごとの違いも

シャルドネといえば、白ワインの原料となるぶどうの一種類……そんな認識の方も多いのでは?この記事ではそんなシャルドネについて、その特徴や生産地ごとの違いなど色々ご紹介します。きっとワイン選びがもっと楽しくなりますよ!

個性豊かなシャルドネのおいしさを知り尽くそう

ワインが好きな方も、そうでない方も、誰もが耳にしたことのある「シャルドネ」。このシャルドネとは、白ワイン用のぶどうの品種のことをさしています。皮が緑色で、種が入っているのが特徴のぶどうで、原産地は、フランス東部のブルゴーニュ地方といわれています。現代では世界各国で栽培されているぶどうです。

味わいや香りは?

同じシャルドネを使ったワインといえど、それぞれ異なった味わいや香りがありますが、それは、シャルドネが元々特徴があまりない品種のため、産地や製造方法によって味わいや香りが変化しやすいからだといわれています。

例えば涼しい土地の場合は、すっきりとした上品な味わいに。温暖な土地の場合はまろやかな味わいに、というような形です。シャルドネは産地によって香りや味わいが個性豊かに変化するのですね。

飲み方

シャルドネに合うお料理といえば、やはり白身魚や牡蠣を使ったものが挙げられます。特にカルパッチョや、レモンを搾った生牡蠣などのさっぱりと仕上げた料理は抜群の相性です。

グラスを選ぶ時は、やや丸みを帯びて、口径が広めのものがおすすめ。柔らかな酸味とよい香りが、口中にゆっくり広がり、よりおいしく感じられますよ。

原産地フランスのシャルドネ

フランスブルゴーニュ地方

白ワインの産地の中でも最上級ランクとされている、フランスのブルゴーニュ地方。その味わいはコクがあり、ふくよかでありながら爽やかです。その中でもいくつかの生産地区があり、それぞれに異なった特徴があります。

特に有名な地区が、シャブリです。涼しい気候であるこの地区の白ワインは、辛口で酸味が強く、爽やかな味わい。香りも爽やかです。ムルソーは、コート・ド・ボーヌに位置するブルゴーニュを代表する白ワインの産地です。なめらかでコクがある味わいと、エレガントな香りが特徴です。

マコネ地区のものは、酸味が強くさわやかな風味で、繊細な香りも特徴です。このように様々な名産地があります。好みや料理に合わせて選んでみてくださいね。

シャンパーニュ地方

シャンパーニュ地方のものは、酸味が強く、柔らかな果実感が特徴で、とっても上品な味わいです。なかでも特に有名なのは、コート・デ・ブラン地区。

シャンパーニュのなかでも、シャルドネだけで造られる「ブラン・ド・ブラン」というものがありますが、そのなかでも特に、コート・デ・ブラン地区はその「聖地」と呼ばれているのです。「コート・デ・ブラン」は「白い丘」を意味しますが、その名のとおりシャルドネだけで作られる特別なワインという感じがしますね。

世界各国のシャルドネ

イタリア・スペイン

比較的温暖でありながら、地中海性の気候を受け多様性に富んだワインを味わえるイタリア。冷涼な北部では酸味が強い味わい、温暖な南部では、やわらかな酸味のある味わいのワインがつくられています。

スペインも、イタリアと同様ブドウの栽培に適した環境が整っており、昔からさまざまな品種のワインづくりが盛んでした。果実のうま味を感じられる、フレッシュな味わいが特徴です。

アメリカ・チリ

フランスに次ぐ、シャルドネの一大産地であるアメリカ。なかでもカリフォルニア州では気温が高いため、完熟しやすく、糖度の高いブドウが収穫できます。そのため、たっぷりの果実味が特徴の、濃厚な味わい。

また、チリは、自然環境に恵まれているためブドウの品質が劣化しにくく、ほかの国のワインと比べて安定した味わいが特徴。熟した果実味と樽の風味を持った味わい深いワインです。

そのほか

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

soleil

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう