お家で「コーヒーアート」に挑戦!作り方とデザイン案10選

きめ細かく泡立てたミルクにイラストを描く「コーヒーアート」。ひと目見るだけで、思わずにっこりしてしまいますよね。今回はお家でできちゃうコーヒーアートの作り方や、ラテアートに必要な道具までご紹介。さっそくチャレンジしたくなること間違いなし!

コーヒーアート(ラテアート)って?

「コーヒーアート」とは、エスプレッソの表面にきめ細かく泡立てたミルクをたっぷりと注いで、コーヒーやパウダーなどを使っていろいろなイラストを描く技法のこと。「ラテアート」という呼び方でも親しまれています。

主に2種類に分けられる

フリーポア

コーヒーアートの技法は大きく分けて2つ。ひとつ目のフリーポアは、エスプレッソが入ったカップにスチームミルクを注ぐだけでできあがる方法です。ハートやリーフ、チューリップなどの模様がよく知られていますよね。

エッチング

ふたつ目の方法は、エッチング。こちらはピックやスプーンなどの道具を用いていろいろな模様を描く方法です。フリーポアよりも自由度が高いので、自分の好きなイラストを描くことができますよ。3Dコーヒーアートもこちらにあたります。

初心者向け!自宅で楽しむために必要な道具

エスプレッソマシン

まず用意してほしいのはエスプレッソマシン。ほかの家電もそうであるように、エスプレッソマシンにもいろいろなお値段のものがあります。ぜひ自分のご予算と相談して、納得のいくものを用意してみてくださいね。

ミルクピッチャー

ミルクピッチャーは大きさはいろいろなものがありますが、ご家庭でコーヒーアートを楽しむ場合には12oz(約360cc)くらいの浅めのタイプが使いやすいと言われています。素材はテフロン加工のものが扱いやすいですよ。

ミルクフォーマー

お家にエスプレッソマシンがないけど、お手軽にコーヒーアートが楽しみたい!という方におすすめしたいのが、ミルクだけを泡立てられるミルクフォーマー。なんと100均ショップでもゲットできるので、気軽にチャレンジしてみたい方にもぴったり。

コーヒーアートの作り方

エスプレッソの抽出

まずはエスプレッソを淹れます。コーヒーアートを作るなら、模様が美しいのはもちろんのこと、味もおいしいものがいいですよね。エスプレッソは量はちょっぴりですが、だからこそ奥が深い世界。おいしいエスプレッソを抽出することが、コーヒーアート成功の第1歩です。

ミルクのスチーム

初心者さんがいちばんつまずきやすい工程が、ミルクのスチームなのだそう。安定したスチームミルクを作り上げることで、思い通りのコーヒーアートを作り出すことができます。液体のスチームミルクと泡状のフォームドミルクが1:1になるのが目標です!

いよいよコーヒーアート

特集

SPECIAL CONTENTS