常滑焼の急須おすすめ5選♪ 特徴やおいしく飲める仕組みも

急須で淹れたお茶っておいしく感じますよね。あれって雰囲気だけじゃなく、ちゃんとした理由があるのですよ。ここでは急須日本一のシェアを誇る常滑焼について詳しく解説します♪おすすめ商品もご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「急須」と言えば常滑焼!

愛知県常滑市を中心に古くから作られている常滑焼(とこなめやき)は、急須で日本一のシェアを誇っているんですよ。常滑焼の急須は重要無形文化財にも認定されているのです。常滑焼の急須は日本の文化にとって欠かせないもの。急須と言えば常滑焼と言われているのも納得ですね♪

常滑焼の急須には古典的な形のものから、モダンな形のものまで種類は豊富。さらに、常滑焼の急須で入れたお茶は、とてもまろやかでおいしいと言われています。それらも、常滑焼の急須の人気の秘訣なんです♪

そもそも常滑焼って?常滑焼の特徴は?

常滑焼とは、愛知県常滑市を中心とし、その周辺を含む知多半島内で作られている焼きもののことです。常滑は日本六古窯のひとつで、その中でも最も大きい産地だったのですよ。

常滑焼の急須と言えば、きれいな朱色が印象的ですよね。これは原料に含まれる鉄分、または陶土に混ぜこまれている酸化鉄が赤く発色することが原因なんです。最近では釉をかけることにより、朱以外にも黄土・黒・茶・緑など、さまざまな色の急須が楽しめるようになっていますよ。

また、急須作りに使われている朱泥土は水を吸わない性質があり、耐水性に非常にすぐれているんです。朱泥土は急須に最適な土となるよう、土の改良を積み重ねてできた土になっています♪

常滑焼の急須はなぜおいしくなる?

冒頭でも述べたように、常滑焼の急須で入れたお茶は、とてもまろやかでおいしいと言われています。

急須に含まれる酸化鉄とお茶の成分であるタンニンが反応し、お茶の渋みや苦みがちょうどいい塩梅で取れることが理由です。釉をかけずに作られた急須のほうが、お茶に含まれる余分な成分を吸着し、よりまろやかになるそうです。

通販でも買える♪おすすめの商品5選

1. シンプルで使いやすさ抜群!「20号袋形 無地 深蒸急須」

常滑焼の急須の特徴である朱色をしたシンプルな商品です。どんな場所にも馴染みやすいので、場所や場面を選ばずに使うことができますね。子どもから大人まで扱いやすいので大人気。丸みをおびたフォルムが、なんとも愛らしくて愛着が沸いてきます♪

2. 上品なのに華やか♪「朱泥えむ茶こし急須(桜)」

朱色の急須にパープル、ホワイト、ピンクの桜とグリーンの葉をおしゃれに描いた上品な商品です。桜のふちどりに金色を使うことで華やかな印象を与えるこの急須は、贈り物にもぴったりですね。ほどよい重みがあり、安定感のある形なのでとっても扱いやすいですよ。

3. 高級感漂うとっておきのひと品!「宝龍」

シックで高級感漂う黒泥の急須です。表面には「松皮」加工が施され、ひと味違ったおもむきに。スタイリッシュでかっこいい部屋にぴったりですね。セラメッシュの茶こしでお茶を淹れれば、お茶の香りを消してしまうことなく楽しむことができますよ。

4. 片手で注げる!「ちゃーみるフタなし急須」

フタがないので片手でお茶を注ぐことのできる急須です。ぽってりかわいいフォルムとクローバーを散りばめたデザインが、女性に大人気ですよ。容量が比較的大きいので、4人家族であれば一度に全員分のお茶を注ぐことができます。

5. お手入れ簡単♪「黒泥急須 大平丸」

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ayuren

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう