シンガポールの定番料理

Photo by sakura4

シンガポールの「海南鶏飯(かいなんけいはん)」が手軽に作れるという「海南チキンライスの素」が、カルディから新登場しました! 「海南鶏飯」とは、茹でた鶏肉とその茹で汁で調理したごはんをひと皿でいただく、シンガポールやタイなど東南アジアの定番料理です。 今回は、カルディ「海南鶏飯」の作り方や、そのお味をご紹介します。

海南チキンライスの素

Photo by sakura4

205円(税込)
海南鶏飯は、日本では「ハイナンチキンライス」や「海南風チキンライス」「シンガポールチキンライス」などと呼ばれ、東南アジア通の間ではすでにお馴染みのお料理です。爽やかな青いパッケージに鶏肉たっぷりのチキンライス画像が、早くもアジア気分を盛り上げてくれています。 このひと箱で2合のごはんが炊けるようですよ。さっそくパッケージを開封!

Photo by sakura4

中には「炊き込みたれ」と「かけだれ」が2種類入っていました。かけだれは”黒”と”赤”があり、黒は甘じょっぱい醤油ベースのソース、赤は生姜と唐辛子のシンガポールチリソースと書いてあります。では、さっそく作ってみましょう♪

海南チキンライスを作ってみた

Photo by sakura4

材料

・海南チキンライスの素 1箱 ・米 2合 ・鶏肉 1枚 ・お好みでパクチーやみつば、スプラウトなど

作り方

1. 材料を入れて炊く

Photo by sakura4

炊飯器に2合のお米、2合分の水、炊き込みたれ、鶏肉1枚を丸ごと入れ、スイッチON!あとは炊けるのを待つだけ♪

2. 鶏肉をスライスして盛り付ける

Photo by sakura4

ごはんが炊けました。鶏肉を取り出し、食べやすい大きさにスライスし、お皿に盛ったごはんの上にのせます。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS