ライター : きく

ここ数年、海外を転々、旅暮らし中のフリーライター。 30代女性向けメディアを中心に活動中。

素材別キッチンクロスの特徴

おなじみのキッチンクロス素材!コットン(綿)

気兼ねなく使える素材として家事に生活にと大活躍の素材「コットン」。100均やスーパーなどでも簡単に手に入り、色落ちもあまりしないのでとても扱いやすい素材です。気軽に洗えて、縮みにくいのもコットンを使う上でうれしいメリット。他の素材に比べると安価なものが多いので、試してみたいデザインがあったらとりあえず購入して使ってみるのもいいですね。

今注目のキッチンクロス素材!リネン

昔からキッチンクロスとして親しまれていた「コットン」ですが、最近では「リネン素材」のキッチンクロスが注目されています。吸水性と速乾性、麻のもつ汚れを吸収しにくい性質、そして洗うことで長く使える素材として言われています。汚れを取りやすいので、キッチンタオルとして使う人も多くる素材です。

ミニマリストも注目のキッチンクロス素材!スポンジワイプ

コットンとセルロースからできている100%天然繊維素材の「スポンジワイプ」。無地からかわいい柄があしらわれたものと選択肢はいろいろあります。スポンジワイプのいいところは、速乾性、吸水性、毛羽立ちがない、煮沸消毒できる、好きな大きさに切って使用できるなどたくさんあります。特に水を多く吸って、乾くのが早いのは必要なタオルの枚数を減らしてくれるので、持ち物を少なく暮らしたいエコな人たちにもうれしいメリットです。

食器を拭くだけじゃない!おしゃれな活用法

キッチン周りの収納のホコリよけや目隠しに

キッチンクロスには、いろいろなかわいいデザインがあります。食器を拭くだけではもったいない、ということでキッチン周りの収納のホコリよけや目隠しに使ってみることもできます。お部屋の配色やインテリアの雰囲気に合わせることができるので、とても優秀な目隠しになります。

スペースを省エネ!水切りかごの代わりに

ステンレス製やプラスティック製の水切りかごは、邪魔になることがしばしば。掃除もしにくいことがありますよね。そんな時はキッチンクロスを使うことで、今まで水切りかごに使っていたスペースを省エネできます♪ 速乾性もあり、食器の水が切れればその場所はまた違うものに使えます。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS