おすすめケーキボックス15選!サイズ、種類に合わせた箱選びも

手作りケーキを誰かにあげる時、箱での持ち運びに苦労した経験はありませんか?せっかく作ったからには崩れたりつぶれたりすることなく、きれいに持っていきたいもの。そこで、ケーキの種類に合わせたボックスの選び方や、おすすめ商品をまとめてみました!

2018年3月23日 更新

このケーキにはコレ!箱のサイズや種類

ホールケーキ用は正方形が主流

ホールケーキの持ち運びには、正方形型のボックスを使うことが多いです。ケーキの大きさがいろいろあるので、それに合わせて箱のサイズもさまざま。

だいたい3号~8号くらいまでのものがメインで販売されています。3号の直径は9cmで、1号増えるごとに3cmずつ大きくなっていく仕組みです!作ったケーキの大きさに合った箱をそろえるようにしましょう♪

カットケーキ用は長方形が多い

カットケーキは、ひとつのボックスに何切れか詰められるよう小さめの長方形型ボックスを用意するのが一般的です。上がひらくトップオープン型や、横から取り出せるサイドオープン型があり、上部には手提げがついていることも。こちらも入れる個数や大きさに合わせてサイズが異なり、なるべくすき間ができないものを選ぶ必要があります。

タルトケーキ用は厚みを薄く

タルトケーキは、普通のホールケーキに比べて高さのないものが多いので、箱もそれに合わせて厚みのない正方形タイプがよく用いられます。取り出しやすいよう、開ける時には宅配ピザみたく上からオープンするものがほとんどです。また、ホールのタルト以外にも、高さのない小さなケーキをいくつか詰める際に活躍してくれます!

そのほかのケーキ用の箱もいろいろ!

そのほかにも、カップケーキ用の穴あきタイプ、ロールケーキ用の長方形タイプ、シフォンケーキや2段ケーキがそのまま入る高さのあるタイプなど、さまざまな種類の箱があります。

カップケーキの場合は、四角いボックス内にカップがちょうどはまる穴や切れ込みが開けてあるものが一般的で、動かないよう固定できるので便利です。
1 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

エマ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう