ライター : ayuren

関西出身、東京在住の食べ歩きライター。旅行先でのおいしい情報もお届けします♪

ドリンクや料理に♪製氷皿でおしゃれな氷を作ろう

氷は一般的にドリンクを冷やすために使われることが多いですよね。特に炭酸やアイスコーヒーなど、キンキンに冷やして飲むとおいしいドリンクには、必ずと言っていいほど使われています。さらにはお酒を氷で割って、ロックとして楽しむ方も多くいらっしゃいますよね。 氷はドリンクだけでなく、料理にも使える便利なアイテムです。お刺身の下に敷いたり、素麺と一緒に器に盛り付ければ、一気に涼しい雰囲気に。料理も冷やせて一石二鳥ですね。さらにフルーツを入れて氷にすれば、おしゃれなデザートにも変身しますよ♪

キューブだけじゃない!製氷皿でできる氷の種類

球体の氷ってどうやって作っているのか不思議に思ったことはありませんか?実は、球体の形をしたシリコンのトレーに水を流し込んで固めるだけなんです。大体の容器はふたつに分解できるようになっているので、簡単に取り出すことができます。 丸みを帯びた氷はとってもかわいらしいので、氷を並べ、その上にフルーツを盛り付けるだけでおしゃれなデザートができてしまいますよ。また、ドリンクに入れるだけでいつもと違った雰囲気が演出できますね。小さいものから大きなものまでサイズもいろいろなので、器の大きさに合わせて選びましょう♪

キューブ

氷といえば、四角いキューブ型が主流ですよね。冷蔵庫に備え付けの製氷皿はどれもキューブ型ばかり。一番使い勝手もよく、作るのも簡単です。製氷皿をしならせて裏返しにすれば、あっとゆう間に取り出すこともできますよね。 キューブ型の氷はシンプルな分、ドリンクにも料理にも使いやすくて便利です。小さいサイズのものは口の小さい水筒やグラスにも使えますね。逆に大きいサイズのものは、ジュースを氷にしてアイスのように楽しむこともできますよ♪

そのほか

製氷皿には、丸とキューブ以外にもさまざまな形のものがあるんですよ。星やハート型の製氷皿はみなさんも目にしたことがあるかもしれませんね。そのほかにも動物や花型のものも販売されているんです。 氷の形ひとつでドリンクや料理の雰囲気をガラリと変えることができるので、いろいろな形のものに挑戦してみたくなります♪

形だけじゃない!製氷皿を選ぶポイント

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS