ライター : oruka

フードコーディネーター

フードコーディネーター/コンテンツライター

キッチンツールスタンドを選ぶときのポイント

形状で選ぶ!

ざっくりしまえる「筒型」

筒型のメリットは出し入れがラクなこと♪ おたまやターナー、フライ返しなど使う頻度の多いものをまとめて入れても、サッと取り出して使うことができます。口が大きいため、清潔に保ちやすいこともポイント。ただ入れすぎると倒れやすくなることがあるので、選ぶときには安定性もチェックしましょう。

種類で分けられる「仕切り型」

仕切り型のメリットは、どこになにがあるのか明確なので取り出しやすいこと。ばらけやすい箸などもスッと取れますよ。ほぼ垂直の状態で立てられ、必要なものを最小限のスペースにとどめておけるため、見た目もすっきり。仕切りの形によっては掃除しにくいものがあるので、購入する際はその点も考慮しましょう。

素材で選ぶ!

熱に強い「陶器・ホーロー製」

陶器やホーロー製のものは、熱に強いという特徴があります。ベタつきにも強く洗いやすいため、コンロの近くに置きたい方にぴったりですよ。おしゃれでかわいいデザインのものが多い、ということもうれしいポイント♪ ただし、細かなデザインのものは洗いにくいので、すっきりした形のものがおすすめです。

水に強い「ステンレス・スチール製」

水に強く、丸洗いが簡単なステンレス・スチール製。水回りに置いても、カビや水垢などの汚れに強いため、清潔を保ちやすいという特徴があります。スタイリッシュなデザインのものが多く、丈夫で長持ち。重みのある素材ですが、デザインによっては倒れやすいものがあるため、選ぶときには長さと重さを考慮しましょう。

ざっくり派に!筒型キッチンツールスタンド6選

1. すっきり収まる!天馬「ファビエ ツールスタンド」

ITEM

天馬「ファビエ ツールスタンド」

¥621

材質:スチール(亜鉛メッキ + 粉体塗装) サイズ:(約)幅110×奥行110×高さ170mm 重量:410g カラー:ブラウン

※2020年6月8日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
キッチンに合わせやすい、ブラウンカラーのワイヤー製スタンドです。ワイヤー製ですが安定感があり、思った以上にたくさん入ると好評。そのまま置くことはもちろん、スクウェア型なので水切りカゴの隙間にもぴったり入れられます。底面には穴があいており、汚れが確認しやすいこともポイントです。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS