ライター : 白井シェル

フリーライター

お家で過ごすことが大好きなフリーライターです。料理やインテリア、生活雑貨など暮らしに関するジャンルが得意です。

冷蔵庫は生活の必需品

生活に欠かせない冷蔵庫。ひとり暮らしのお部屋には、インテリアに合わせて冷蔵庫もこだわりたいですよね。小型冷蔵庫はデザインもカラーもさまざまで、たくさんの種類があります。お気に入りの冷蔵庫を置いて、おしゃれなインテリアコーディネートを楽しみましょう!

適した冷蔵庫の容量は?

自炊派

冷蔵庫の容量を決めるときには、自炊するかが大きなポイントです。自炊をする人は、お肉や野菜、調味料などを冷蔵庫で保存する量も多いので、100リットル以上の容量の冷蔵庫が必要になります。さらに作り置きをして保存する場合には、130リットル以上のものが最適。

毎日料理する人や、お友達を招いて料理をごちそうする機会が多い人は、200リットルと大きめの冷蔵庫がおすすめです。

外食派

自分で料理をすることはなく、いつも外食するかお弁当などを購入するという人は、小さいサイズの冷蔵庫でOK。100リットル以下の冷蔵庫がおすすめです。

チルド食品などを買い置きしておきたい人は80リットル程度の冷蔵庫が最適で、飲み物やちょっとした食べ物を入れる程度の人なら45リットルの容量でも大丈夫そう。

冷蔵庫の選び方

価格

冷蔵庫の価格はメーカーや機能面などでも違いますが、大きさでも変わってきます。容量別に比較すると、80リットル程度なら2万円前後、100リットル程度で3万円ほどです。130~170リットル程度の大きさになると3~5万円くらいが一般的。

購入する際は、生活スタイルを考慮し容量を検討したうえで、予算を立てるのがおすすめです。

サイズ

冷蔵庫を購入する際に事前にチェックしておかなければならないのが、設置場所のスペースです。お部屋の大きさに合わせて、冷蔵庫の高さや横幅、奥行きをしっかり確認しましょう。

また、冷蔵庫を設置するときには「据付必要寸法」も考慮しなければなりません。冷蔵庫と壁の間に空間がないと冷蔵庫の放熱がうまくいかず、冷えにくくなったり、故障の原因になってしまいます。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ