リピート率9割!手肌にやさしいヤシノミ洗剤とは?成分や使い方まで

無色透明、香料や着色料も不使用のヤシノミ洗剤は、ヤシノミ由来の植物性洗剤です。手肌にやさしい洗剤は、洗浄に不要なものが入っておらず、地球にもやさしい洗剤。長年愛用する方も多い、ヤシノミ洗剤をご紹介します。

2018年3月20日 更新

ヤシノミ洗剤ってどんな洗剤?

ヤシノミ洗剤の誕生

ヤシノミ洗剤の前身となったのが、業務用のサラヤニューSS。1971年に誕生したサラヤニューSSは、官公庁や学校などで用いられてきました。給食センターの職員さんの間で、手が荒れない洗剤の評判が広まり、家庭用の洗剤も!との要望を受け、1979年に家庭用のヤシノミ洗剤が誕生します。

当初は白い容器に入っていましたが、1980年代に、無添加で高品質な特色を活かそうと、洗剤の透明感が見える無色透明の容器に変更。1981年には、家庭用食器用洗剤の中で初めてのポンプ式ボトルを発売しました。その後も詰め替えパックや、デザインに凝ったボトルで、高品質の洗剤を販売しています。

ヤシノミ洗剤の成分

ヤシノミ洗剤は、その名の通りヤシノミ由来の成分を使った洗剤。無香料、無着色の透明な洗剤は、手や皿への移り香もなく、香りが気になる方も安心です。洗浄力を保ちながら、手肌にもやさしい洗剤を、と研究を重ね、洗浄成分の濃度を16%に設定。高い生分解性を持っており、排水は微生物により水と二酸化炭素に分解されます。原料産地であるマレーシア・ボルネオ島の環境保全活動にも力を入れている、人にも地球にもやさしい洗剤です。

ヤシノミ洗剤の使い方

ヤシノミ洗剤の効果を引き出すためにおすすめの使い方です。

1. 洗剤を使う前に、食器やフライパンの油や汚れをキッチンペーパーなどでふきとっておきましょう。洗剤や水の節約にもなります。
2. 洗う前に汚れの多いもの、軽いものと分けておき、汚れの落ちやすいものから洗いましょう。
3. 洗い桶に洗剤を入れ、水で薄めると落ちやすくなります。 これも洗剤や水の節約にもなるポイントです。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

kinako

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう