日本で購入できる

シーズニングソースを手に入れたい場合は、カルディに行ってみましょう。近くにカルディがない、もっと手軽に入手したいという方は、通販もおすすめ!後の項目で、おすすめ通販商品をチェックしてください!!

シーズニングソースの使い方

まずはタイ料理に

シーズニングソースは幅広く使える万能調味料ですが、まずは「タイ料理」に使ってみたいもの!タイ料理の定番「ガパオライス」は、具材を炒めてシーズニングソースやオイスターソースなどの調味料で味を調えれば完成。目玉焼きをお忘れなく! そのほかタイ風の角煮「ムーカイパロー」の煮汁に使ったり、「ガイヤーン」と呼ばれるローストチキンの漬け汁に使用したりと、さまざまな料理に使用できます。

いろんな料理の隠し味に

タイ料理以外にもシーズニングソースは大活躍!先ほどご紹介した通り、炒飯の隠し味として使用したり、野菜炒めや山菜、ひじきの煮物など、和風なレシピにも相性抜群です。カレーに加えたり、唐揚げ用の鶏肉に揉み込めば、普段とは違った味わいが楽しめるはず! 隠し味として使う場合は、あくまで少量使うのがポイント。入れすぎて、ほかの調味料とけんかしないように注意しましょう。

おすすめシーズニングソース3選

1. ザ・定番!「ゴールデンマウンテン シーズニングソース」

ITEM

ゴールデンマウンテン シーズニングソース 980ml

¥913

タイ料理に使う、もっともオーソドックスといっていいシーズニングソースです。たっぷり980ml入っているので、料理のほかにテーブル調味料として使ってみるのもアリ!まずはこちらからためしてみましょう。

※2018年2月22日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
タイのシーズニングソースといえばコレ!一番多く出回っているシーズニングソース。タイ料理にトライしてみたい方は、ナンプラーなどと一緒にこちらを購入しておくと便利です! タイ料理のみならず、和食や洋食など、いろいろな料理に使ってみると面白いでしょう。

2. レモンの風味香る「マギー カラマンシー」

ITEM

シーズニングスパイス ソース カラマンシー Liquid seasoning Calamansi

「カラマンシー」と呼ばれる柑橘の風味がプラスされた、さっぱりタイプのシーズニングソース。魚介との相性が良いので、シーフード好きの方はこちらをどうぞ。揚げものや蒸しもののタレとして使うのもGood!

¥320〜 ※2018年03月05日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

シーズニングソースの代表選手といえば「ゴールデンマウンテン」なのですが、こちらの商品も捨てがたい魅力を持っています。 「カラマンシー」と呼ばれる、東南アジアで人気の柑橘の香りが加えられています。シーフード料理におすすめなので、さっぱりした風味を活かした料理にどうぞ。

3. インドネシア版も!「サンバル ケチャップマニス マイルド」

ITEM

サンバル ケチャップマニス マイルド Kecap Sambal Mild シーズニング醤油

ちょっぴり辛いインドネシア版のシーズニングソース。辛いといっても、刺激はマイルド!いろいろな料理に使いやすい、万能選手です。ナシゴレンやミーゴレンにもぴったり!インドネシアの風を感じたい方へ。

¥610〜 ※2018年03月05日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

こちらはインドネシア版シーズニングソース。ピリ辛で、エシャロットとチリが入ったマイルドな味わいのソースです。 こちらも焼きそばや炒め物、カレーなど多種多様なレシピに対応可能!ピリ辛な刺激が好きな方におすすめの商品です。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ