甘くてほろ苦い♪「コーヒーリキュール」おすすめ5選!

お酒の種類は豊富です。アルコール度数の強いものから、弱いものまで自分の好みに合わせて作れるのも魅力のひとつですよね。そんなお酒の中からコーヒーリキュールについてご紹介したいと思います。コーヒーリキュールの魅力を存分に感じてみませんか。

2018年3月20日 更新

苦さと甘さが魅力のコーヒーリキュール

コーヒーリキュールって?

コーヒーリキュールとは、その名のとおり、主な原料としてコーヒーが含まれるお酒の総称です。コーヒー豆を使ったリキュールって珍しいとおもいきや、意外にも各種人気の銘柄が豊富にでていたんです。ご存知でしたか。

コーヒーリキュールの銘柄でよく目にするのが、アイリッシュ・ウィスキー、ブランデー、ラムなどで、カクテルに使われることが多いアイテムです。でも実際、コーヒーリキュールがどんな味わいのお酒なのか知らない人もいますよね。そこで今回、コーヒーリキュールを使って味わえるお酒の種類と魅力についてまとめてみました。ほろ苦くそれでいて甘い、大人リッチなお酒を味わいましょう。

味わいの特徴

コーヒーリキュールの特徴には、苦味のほかに甘さがあります。苦味はコーヒーがベースとなっていますが、甘さの方はリキュールの中の香味原料でもあるバニラが感じられるようです。

もちろんリキュールなのでお酒に変わりはないですが、原料のコーヒー豆をかき消さない程度の風味付けにはなっています。そんなコーヒーリキュールも、カクテルの材料として使われることがほとんどですが、そのまま飲めたりお菓子作りに使われることもできるんです。これは気になりますね。

コーヒーリキュールの飲み方

1 / 5
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

natsu☆

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう