ライター : 白井シェル

フリーライター

お家で過ごすことが大好きなフリーライターです。料理やインテリア、生活雑貨など暮らしに関するジャンルが得意です。

【加熱方法別】たい焼き器の特徴

王道の直火式

ガスコンロ用の直火式たい焼き器は、外はカリッと、中はもっちりとした本格的なたい焼きを味わえます。こだわり派の方に向いていますよ。直火タイプの型は洗えるものが多く、手入れをしやすいというメリットもあります。

作り方は型に油を引いて十分に温めてから、生地を流し入れてあんこをのせましょう。さらに生地を上からかけ、ひっくり返しながら両面を焼いて完成です。

IH対応も

IH対応のたい焼き器もあります。ガス用のたい焼き器を使うときと、作り方は同じです。IHで作ると熱が均等に行き渡るので、焼きムラができにくく、ふっくらとしたたい焼きを楽しめますよ。

卓上で使える電気式

ホットプレートタイプの電気式たい焼き器は、テーブルで作れます。みんなが集まったときやパーティーでも大活躍ですよ。使い方は温めたプレートに生地を流し入れ、あんこをのせたら、焼き上がるのを待つだけ。

熱が均等に入るので、焼きムラができにくく、きれいな仕上がりです。火加減を調整する必要がなく、簡単に作れることも魅力ですよ。

手軽さが魅力の電子レンジ

プラスチック製やシリコン製の型は、電子レンジでたい焼きを作れます。作り方は生地を型に流し入れて加熱し、あんこをのせて再加熱。仕上げに成形すれば完成です。

電子レンジ調理なので焼き色は付かず、ふっくらとしたたい焼きに仕上がります。焼き色を付けたいときは、仕上げにトースターでこんがり焼きましょう。

【材質別】たい焼き器のメリットとデメリット

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ