ライター : leiamama

息子達は独立し、主人と娘(Mダックス)と毎日をいかに美味しく、楽しく過ごせるか模索中♪ ワーキングマザー時代に培った時短レシピが専門。テーブルウェアや調理家電も大好き!

紅茶ポットの選び方

「茶葉の旨味」を引き出すためには、茶葉が「ジャンピング」する必要があります。 ジャンピングとはティーポットにお湯を注いだ際、お湯の空気で茶葉が浮いたり沈んだらすることで、ティーポットの形によっても左右されます。

容量

ポットの容量は何カップ分の紅茶を入れたいのかで決まります。紅茶のカップの容量は約150ccなので、1~2人で飲むのなら350~400ccのポットを選びます。5~6カップ用は900~1,000ccのポットになり、高級ブランドのものはこのサイズが多いようです。 大きいポットで少量の紅茶を入れると蒸らしている間にお湯の温度が下がってしまうので、人数に合わせたポットを選びましょう。

ポットの形はボール型・スクエア型・筒型に分けられます。 最もおすすめなのは球状になっている「ボール型」。ボール型のポットは茶葉がジャンピングしやすいのが特長で、茶葉をうまく循環させることができます。 「スクエア型」はボール型と比べると熱対流は控えめですが、容量が多いのでたくさんの紅茶を入れたいときにはこの形がおすすめ。 「筒型」は縦に細長く、上から金属製のフィルターを沈めてお茶と茶葉を分離するタイプです。ボール型と比べると茶葉がジャンピングしづらい構造なので、風味はやや劣ります。

保温性

お湯が冷めてしまうと茶葉がうまく開かず旨味が引き出せないので、おいしく紅茶をいれるには「保温性」のあるティーポットを使うことが重要です。 保温性では、陶磁器製のものがガラスや金属と比べて優れているようです。お湯を入れてから蒸らすまでに冷めてしまわないように、保温性の高いティーポットを選びましょう!

素材による違い

ガラス製

ガラスのメリットは何といっても、透明であること。ジャンピングや茶葉の色をそのまま確認できるので初心者にぴったりです。また香りが移りにくいので、ハーブティーやフレーバーティーにも適しています。保温性や耐久性が低い点がデメリットです。

陶器製

陶器は土からできているため、土に含まれる金属で紅茶のアクが抜けると言われ、味がまろやかになる特徴があります。保温性にも優れているので、紅茶にはおすすめの素材です。 デメリットとしては、茶葉によっては香りが移りやすいこともあるので、特にアールグレイなどフレーバー系の紅茶は注意が必要です。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS