ライター : leiamama

息子達は独立し、主人と娘(Mダックス)と毎日をいかに美味しく、楽しく過ごせるか模索中♪ ワーキングマザー時代に培った時短レシピが専門。テーブルウェアや調理家電も大好き!

子どもに包丁はいつから?

初めて子供用包丁を与える、いわゆる「包丁デビュー」は何歳が良いのでしょうか?一般的には3歳前後からという意見が多いようですが、それぞれのお子さんの成長に合わせて与えるのが重要ですから、大人の言う事をちゃんと聞くことができ、落ち着いて作業することができるようになってから与えるのが良いでしょう。 もちろん危険は伴いますので、ママがしっかり見ている状況で使うことを約束した上で、お手伝いの第一歩としてスタートしましょう。

安全な子ども用包丁の選び方

初めての包丁なら

子供が初めて包丁を使うときは、まず包丁の正しい持ち方や切る仕草を覚えることを目的としましょう。そのためには初心者向けの子供用包丁がおすすめです。ギザギザ刃や、研がれていない薄い刃がついている包丁などがあり、豆腐やバナナなどの柔らかい食べ物限定で切ることができます。包丁を使って食べものを切るということを覚えると同時に、包丁には危険もあるのだということを教えてあげましょう。

包丁に慣れてきた子なら

サイズは子ども用に小さく作られていますが、切れ味がしっかりとしていて、大人でも使うことができる上級者向けの子供用包丁があります。「包丁を使って切る」ということができるようになって、ある程度危険性も理解できたようなら、こちらを使ってみてもいいかもしれません。お子さんの成長をそばで確認しながら、包丁もステップアップさせてあげてくださいね。

包丁デビューにぴったり!子ども用包丁5選

1. 貝印 リトルシェフクラブ 子供用包丁

ITEM

こども用包丁 リトルシェフクラブ

グリーン(パンダ)は本格刃付きで皮むきや薄切りの練習にピッタリ。イエロー(ウサギ)はギザ刃なので指が触れたくらいでは切れません。オレンジ(コアラ)はギザ刃や研いだ刃ではなく丸刃なので安心です。

¥1,200〜 ※2018年03月06日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

カミソリで有名な貝印の「リトルシェフクラブシリーズ」の子供用包丁です。丸刃のコアラは初心者向けなので、柔らかいものから練習スタート!その後、ギザギザ刃のウサギ→本格刃のパンダと、お子さんの上達具合に合わせて包丁を選べます。 柄の部分が斜めになっているため付け根が握りやすく、刃先と刃元は丸めてあって手を切りにくい構造にしてあります。

2. Disney ディズニー 子ども包丁まな板セット

ITEM

DISNEY子ども包丁まな板セット

トイ・ストーリー、ミニー、プリンセス、アリエル、ソフィア、アナと雪の女王、トイストーリー、
カーズの全8種類。まな板はエンボス加工で、面によって粗目と細目の両面使えるリバーシブルデザインです。

¥2,978〜 ※2018年03月06日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

子どもたちが大好きなディズニーキャラクター包丁とまな板のセットです。包丁は安全に調理の練習ができるように刃先が丸くギザギザ刃になっています。お揃いのまな板は表面のエンボス加工で食材が滑りにくくなっています。

3. 野苺 子供用 安全包丁+ミニまな板セット

ITEM

野苺 子供用 安全包丁+ミニまな板セット 日本製

握った手に刃が当たらないように、どちらの先端も1.5cmには刃がついていないので安全です。さわっただけでは切れないギザギザの刃で、万が一落としてしまったときの危険を軽減する丸い刃先です。

¥3,434 ※2018年03月06日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

触れただけでは切れないギザギザの刃と丸い刃先で、うっかり指を切りそうになっても安心ですね。触っただけでは切れない作りになっていますので、切るものをしっかりおさえてのこぎりのように切ってください。刃部分のうさももちゃんのかわいい絵柄が女の子のハートをとらえること間違いなし!
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS