湯沸しポットのおすすめ商品15選♪ 電気代や手入れ方法もチェック

一家に一台あるキッチン家電のひとつ「湯沸しポット」。最近は機能性だけではなく、デザイン性に優れたおしゃれな商品が販売されています。今回はさまざまなタイプの湯沸しポットのおすすめ商品をご紹介。自分に合ったものをセレクトしてくださいね♪

2018年4月6日 更新

ライター : くまもと たまみ

イタリアンが大好きなライターです。オリーブオイルの魅力にはまり中です!

湯沸しポットを買う前に!疑問を解消

電気代は?

電気ケトルと保温機能付きの電気ポットの電気代を比較してみると、沸騰にかかる消費電力は電気ケトルの方が高くなります。対して保温機能付きの電気ポットは保温にかかる消費電力で電気代がかかってしまうのが特徴です。 最近の電気ポットは省エネタイプが多く、長時間使わない場合は自動的に通電をストップできるタイマー機能付きのものがあります。合わせてチェックしてみましょう♪

価格は?

湯沸しポットの価格は機能やメーカーによってさまざまです。数千円のものもあれば、1万円を超す商品も。全体的にみて、家電の中では比較的リーズナブルな商品と言えるでしょう。

利便性は?

例えば1Lの水を沸騰させるとき、湯沸しポットの電気代とやかんでガス代のどちらがコストがかかるのでしょうか?実は1Lの水なら、どちらも同じくらいのコストになるんですよ。 お得な使い分けができるのは、大量のお湯を沸かすとき。やかんでお湯を沸騰させ、湯沸しポットにそのお湯を入れるのが一番経済的と言われているのです。少し手間がかかりますが、節約重視の方は試してみるといいかもしれませんね♪

使いやすい◎ 小型湯沸しポット5選

1. 信頼のブランド「ティファール 電気ケトル アプレシア エージー・プラス コントロール」

ITEM

ティファール 電気ケトル 0.8L アプレシア エージー・プラス コントロール パールホワイト KO6201JP

サイズ:16×21×20cm、容量:0.8L

¥7,980〜 ※2018年2月15日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
消費者の視点で製品開発を行っており、世界約150カ国で愛用される信頼のブランド・ティファールの電子ケトル。60度から100度まで7段階の温度に設定できる便利な温度コントロール機能付きです。鏡のように磨き上げられたウルトラポリッシュ底面で、気になる水あかの付着を抑えます。

2. 洗練されたフォルム「デロンギ kMix(ケーミックス)電気ケトル」

ITEM

デロンギ kMix(ケーミックス) 電気ケトル ホワイト SJM020J-WH

サイズ:13.5×20.5×23cm、容量:1L

¥14,980〜 ※2018年2月15日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
カップ2杯分が約2分で沸かせるパワフルな電気ケトルです。片手でワンプッシュするだけで蓋が開き、注水しやすいのも電気ケトルならではですよね。本体、内部ともにステンレス製で耐久性に優れています。 世界的なプロダクトデザイン賞、レッドドットデザイン賞を受賞したイギリスのデザイナー、「ダレン・ミューレン氏」がデザインした美しいフォルムが魅力です。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS