水が腐るって本当?正しい保存方法とおいしく飲むための豆知識

私たちのからだにはたくさんの水分が含まれ、約60%は水分で構成されています。健康のためにはもちろん美容のためにもこまめに水を飲むことが推奨されていますね。ただ注意したいのは「水は腐る」ということです。

2018年5月28日 更新

水は腐るって本当?

最近では、健康法としての水の飲み方も注目されていますね。日本では水道をひねれば当たり前のように口にすることができますが、「水は腐る」と聞いてピンとくる方は少ないと思いますが、飲料水は全て腐る可能性があるんです。

水が腐る理由

そもそもなぜ「腐る」?

腐敗は、微生物や細菌と呼ばれる物質がそこに含まれるタンパク質を分解することで生じます。そしてタンパク質を分解する際に悪臭が発生します。

つまり、腐るものにはタンパク質などを含む有機物が含まれているということ。そこに微生物や細菌が入り込んで、悪くなるんですね。

本来、水は腐らない

水は無機物なので、科学的に水自体が腐る、ということはありません。不純物が取り除かれた水は「純水」と呼ばれ、薬や化粧品を作るためや、半導体の洗浄に使用されたりします。普段の生活で使う水とは異なる性質を持っているのです。

一方、蛇口から出る水道水には塩素が含まれています。細菌などの不純物の繁殖を防ぐ目的で、水道水には塩素を含むことが義務付けらされており、塩素には人体に有害な影響を与える菌を不活性化させる働きがあるのです。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

leiamama

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう