マシュマロに注意!? ホワイトデーの起源とお菓子の意味

これまで何気なく選んでいたホワイトデーのお菓子。実はそれぞれのお菓子には秘められた意味があるって知ってましたか?本日はそれらの意味をご説明するとともに、ホワイトデーの発祥や、おすすめのお菓子ブランドについてもお話ししていきたいと思います。

ホワイトデーのお菓子には意味がある!?

3月14日のホワイトデー、バレンタインデーにチョコレートをもらった男性陣は、なにかお返しを考えないといけませんよね。お菓子を贈ろうと考えている方も多いかと思いますが、ホワイトデーのお菓子には意味があるということを知っている人はあまりいないようです。

そこで本日は、それらお菓子に込められた意味のご説明と、そもそもホワイトデーという習慣がどのようにして始まったのかご紹介します。おすすめの有名お菓子ブランドもご紹介しますので、お返しを選ぶ際のご参考にぜひどうぞ!

そもそもホワイトデーってなあに?発祥は?

ホワイトデーとは、バレンタインデーにチョコレートをもらった男性が、そのお返しに女性にプレゼントを贈る日のこと。そして意外にも、このホワイトデーという習慣は、欧米ではなく日本で生まれたものなんです。

日本人の性質的に、物をもらったら必ずお返しをするという習わしがありますよね。そんな国民性に着目した福岡市の老舗菓子屋「石村萬盛堂」が、昭和52年にバレンタインのお返しとしてマシュマロを贈ることを提案し、チョコ入りのマシュマロを販売し始めました。

これが今のホワイトデーのきっかけと言われており、当時は「マシュマロデー」と名前が付いていました。その後、マシュマロがあまりによく売れるのを見て、全国飴菓子工業共同組合がキャンディの戦略販売を開始しました。白いマシュマロをイメージして「ホワイトデー」という言葉を作り、その風習と共に全国的に広がっていったと言われています。

なんで3月14日なの?

それではなぜ、3月14日がホワイトデーに決まったのでしょうか?ホワイトデーの火付け役となった「石村萬盛堂」の企画会議では、当初3つの案が打ち出されていたそうです。ひとつめはバレンタインデーをひっくり返した4月12日。しかしこれではバレンタインデーから2ヶ月も経過してしまい、間延びしてしまうだろうということで却下されました。

ふたつめの案はバレンタインデーの1週間後となる2月21日です。ところがこちらは日程的にバレンタインデーと近すぎて、お菓子業界が多忙になるということで決定には至りませんでした。

そして最終的には、お菓子業界の閑散期である3月がよいだろうということになり、バレンタインデーの1ヶ月後の3月14日がホワイトデーに決まったそうです。

知らないと後悔!? それぞれのお菓子の意味

冒頭で触れた通り、ホワイトデーに贈る定番のお菓子にはそれぞれ違う意味が込められています。何気なく選んだことで大切な人を傷つけてしまったり、逆に気のない相手に変な期待をさせてしまったりすることがあるかもしれません。

そのようなことのないように、どのお菓子にどのようなメッセージ性があるのか、事前に知っておくと安心ですよね。さっそくひとつひとつ、その意味をチェックしていきましょう!

マシュマロ=「あなたが嫌い」

実は白いマシュマロには「あなたが嫌い」という悲しい意味が込められています。口に入れるとシュワっと溶けてなくなってしまうことから、二人の関係性が儚いということを連想させるからだそうです。

ただし、ホワイトデーの元祖、チョコ入りのマシュマロだけは別格と言われています。女性からの想い(チョコ)を、男性が純白な愛(マシュマロ)で包んで返すというロマンチックな意味があるそうなので、どうしてもマシュマロを贈りたいという方は、チョコ入りの白いマシュマロを用意するとよいでしょう♪

キャンディー=「あなたが好き」

ホワイトデーが全国に広まるきっかけとなったキャンディーは、昔からお返しのお菓子の定番中の定番ですよね。そしてこのキャンディーこそ、「あなたが好き」という意味を持つ最強のお菓子とされているんです。

その理由としては、キャンディー自体が日持ちすること、そして口の中にずっと残ることから、気持ちが長続きする、二人の関係がずっと続くという意味につながるからなんだとか。さらにキャンディは硬くてなかなか割れないため、意志の固さをも表現していると言われているそうです。

最近ではほかのお菓子にやや押され気味ですが、やはり大本命の相手にはキャンディーを贈るのがベストということですね。

マカロン=「特別な人」

コロンとしていてカラフルなマカロンは、その見た目のかわいさから女性に大人気のお菓子です。見栄えもするので、ホワイトデーにマカロンを贈る男性も年々増えてきているのではないでしょうか?

そんなマカロンは、マシュマロやキャンディーと比べるとちょっぴりお値段の張るお菓子ですよね。比較的高級品というイメージから、ホワイトデーでは「特別な人」という意味を持つそうです。男性はもちろん、女性ですらそのことを知らない人は多いので、マカロンを渡すときにそっと教えてあげると、とっても喜んでもらえるのではないでしょうか?

恋人や意中の相手に限らず、ご家族やお世話になった人へのお返しにもうってつけかもしれませんね。

クッキー=「友達でいよう」

これまたホワイトデーによく選びがちなクッキーは、ずばり「友達でいよう」という意味を持つと言われています。割れやすく食感がサクサクとしているため、二人の関係もドライで軽いという解釈になるんだそうです。また、クッキーは種類が豊富であることから、「あなたは大勢の中のひとり」というメッセージ性もあるとか。

お値段も手頃なので、友達や同僚からもらった義理チョコのお返しにはぴったりですが、うっかり本命の相手に渡してしまうと誤解を招いてしまうかもしれませんので気をつけてくださいね。

そのほかのお菓子は?

チョコやラスクには特別な意味がないとされているので、迷ったらこれらのお菓子を選ぶのも手かもしれません。ほかにも、マドレーヌは「もっと仲良くなりたい」、キャラメルは「一緒にいると安心」、バームクーヘンは「あなたとの関係が長く続きますように」などの意味があります。

迷ったらこれ!おすすめの有名ブランド3選

お菓子をどのお店で買えばばよいのか分からない……というそこのあなた!「このお菓子を買うならここ」というおすすめの有名ブランドを3つ挙げておきますので、お返し選びの際にぜひお役立てくださいませ。

特集

SPECIAL CONTENTS