ライター : cucunyaroti

「素材のよさを生かす」をモットーに野菜作りと育児に奮闘中の主婦です。こどもに毎日「おいしい!おかわり!」と言ってもらえる料理を作れるよう心がけています。

サラダパンってなに?

黄色と緑のレトロなパッケージがかわいい「サラダパン」。パンがお好きな方は、テレビや雑誌などで見かけたことがあるかもしれません。1960年から販売が開始された「サラダパン」は、長い間愛されるご当地有名パンなんです!

人気のサラダパンは滋賀県「つるやパン」が発祥!

1951年創業の老舗のパン屋「つるやパン」さん。滋賀県北東部の長浜市にあるこちらのお店は、パンをひとつずつ手作りで焼きあげるこだわりのお店。食べてくれた人が「おいしいなぁ」と思ってくれるようなパンを目指しているんだそう。 人気のサラダパンは、こちらのお店で誕生しました。毎日たくさんの人がサラダパンを求めて来店するそうですよ!もちろんサラダパンだけでなく、ほかにも地元の方を中心に親しまれる、いろいろな人気のパンがあるんです。

サラダパンは誰が考えたの?

サラダパンを考案したのは創業者の妻である智恵子さん。創業当時雑誌にのっていたマヨネーズのレシピのおいしさにびっくりした智恵子さんは、マヨネーズを使った体にやさしいパンが作りたいとコッペパンに千切りのキャベツとマヨネーズを和えたものを発案しました。 しかし、そのあとキャベツの水分がふんわりとしたパンの食感を邪魔することから、キャベツでなく「たくあん」に変更。緑はキャベツと黄色はマヨネーズを表したかわいいパッケージは、創業当時のサラダパンの名残りなんだそうです。

「つるやパン」にはほかにもおすすめのパンが!

実は、サラダパンはつるやパンさんでは売上2位。本店では行列ができるほど人気なのに、2位とはびっくりですね!1位は、食パンにマヨネーズと魚肉ソーセージをはさんだ、シンプルな「サンドウイッチ」。素材のおいしさを味わいたい方におすすめです。 ほかにも、コッペパンに懐かしいバタークリームとゼリーの食感がたのしい、「スマイルサンド」も人気商品。お子さまはもちろん、バタークリームに親しんだ世代からも支持されているんだとか。

パンの具材はサラダでなく「たくあん」!

サラダパンというと、イメージするのはたっぷりの野菜がはさまったパン……ですが、こちらのサラダパン、具材はなんとたくあんとマヨネーズなんです。 一瞬びっくりするかもしれませんが、これがベストマッチ!たくあんの塩気と、マヨネーズの酸味やまろやかさが絶妙に合うのだそう。さらにたくあんは千切りにされているため、ポリポリとしたあの歯ごたえも堪能できますよ。

サラダパンの購入方法・販売店は?

JR北陸本線の「木ノ本」駅が最寄り駅のつるやパンでは、毎朝10時ごろからサラダパンがお店に並びます。できたてのおいしさを味わいたいならば、本店でのご購入がおすすめです。 また、滋賀県内では、コンビニやスーパーでも販売している店舗がたくさんあるよう。詳しくは「つるやパン」のホームページをご覧ください!
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS