今年大ブームの予感!? 米発「ベジラテ」はノンカフェインの新美容ドリンク♩

海外では、ベジタリアンのための食がたくさん揃っています。中でもいま大注目されているのは、お野菜をたっぷりと使った「ベジラテ」。飲むたびにキレイになれるドリンクなので、ベジタリアンな方からもそうでない方からも大人気なんですよ。

海外発!ヴィーガンラテがブームの兆し!?

最近では日本でも少しずつ増え始めているベジタリアン。海外ではベジタリアンに対する理解も日本より進んでおり、ヴィーガンやハラールの方々のための食も多く存在します。近年では主食はもちろんのこと、ベジタリアンのための嗜好品も続々と登場しているのだとか。

今回は、ニューヨークのマンハッタンで大ブームが予想されている「ベジラテ」をご紹介します。一体どんなものなのでしょうか?ベジタリアンな方も、そうでない方も、ぜひ注目してくださいね。

ヴィーガンでノンカフェインのベジラテ

こちらがベジタリアン向けのラテ、ベジラテです!一見抹茶ラテのようなキレイなグリーンカラーですね。ターメリックパウダーや粉末にしたブルーグリーンアルジー(藍藻類)をスチームミルクで溶いた、体にも嬉しい1杯に仕上がっているのだそう。

「ザ・グッド・ソート」で大ヒット!

ベジラテの火付け役となったのは、マンハッタンにあるカフェ「ザ・グッド・ソート(The Good Sort)」です。エスプレッソの代わりにビーツやターメリックを使用したり、牛乳の代わりにアーモンドミルクやココナッツミルクなどの植物性ミルクを使用したりするなど、いろいろな工夫がされています。

もともとオーストラリアで飲まれていたドリンクレシピで、ヘルシー志向の高まりと抹茶ラテブームが後押しする形で一躍人気メニューの仲間入りを果たしたのだそうですよ。

ニューヨーカーの間で話題に

流行とおしゃれに敏感なニューヨーカーの間で大注目されているベジラテ。実際に飲んだ方からは、「あっさりとした口当たりで、さらりと飲むことができる」「おいしく飲めて体にもいいなんて最高!」などの声があがっています。
もちろんノンカフェインなので、カフェインが体質に合わないという方や妊婦さんも安心して飲むことができますね。今までカフェインが理由でラテを避けていたという方も、これならおいしくいただけます。
カラフルなお野菜をたっぷりと使って作られたベジラテは、ポップなカラーリングで見た目にも楽しい1杯ですよね。朝からこんなにかわいらしいラテをいただくことができたら、その日1日が素敵なものになりそう。

自宅でもできるベジラテの作り方

なんともおしゃれなベジラテですが、実はお家でも作ることができちゃうんです!次は、ベジラテの材料や作り方を簡単にご説明します。

材料

・ターメリックやブルーグリーンアルジーの粉末
・スチームしたアーモンドミルク

作り方

作り方はとても簡単。ターメリックやブルーグリーンアルジーのパウダーに、スチームしたアーモンドミルクを注ぎ込むだけです!アーモンドミルクのかわりに、ココナッツミルクを使用してもおいしいですよ。もちろんほかのベジタブルパウダーを使えばいろいろなベジラテを楽しむことができます。ぜひチャレンジしてくださいね。

特集

SPECIAL CONTENTS