好きなくまちゃんカップで。梅田「カフェゆう」は遊び心あふれる癒しカフェ

大阪の梅田に、うつわカフェとして知られる「カフェゆう」があります。陶芸を手掛けるゆう工房が主宰するカフェで、好きなデザインのうつわでドリンクをいただけることで、女性を中心に人気となっています。お店の魅力や人気メニューなどをお伝えします。

お気に入りのうつわでティータイム♩

梅田といえば大阪で一番の繁華街。その梅田でお好みのかわいいうつわでドリンクをいただける、「カフェゆう」が女子の間で評判になっています。「陶芸教室ゆう工房」のスタッフが作ったうつわで、カフェタイムやランチを楽しめると人気です。

そのカフェゆうのお店やうつわの情報、気になるメニューなどをご紹介します。

大阪 梅田「カフェゆう」

阪急梅田駅の茶屋町口から高架沿いを、北へ歩いて4分ほどのビルの1階にあるお店です。間口の広い店頭のテラス部分に木の柱と梁を建てて、樹木やツタなどをめぐらしているので、暖かい季節になると緑が生い茂るカフェ。都会のオアシスのような外観が、遠くからでもよく目立ちます。
明るい店内は2人用や4人用テーブル、丸テーブルにカウンターなど、計34席ほどのレイアウトです。木目を基調としたインテリアの落ち着いた雰囲気のお店で、アンティークな家具や、たくさんのうつわを陳列した棚などが並びます。

照明やいろんなクラフトなどもスタッフが手作りしていて、癒しの空間としてこだわりを感じられるカフェです。

こだわりのうつわでひと休み

出典:www.instagram.com

カフェラテ 580円(税込)

先にドリンクなどを注文し支払いを済ませるシステムですが、そのときにお好みのうつわを選ぶことができます。できあがったらカウンターで受け取り、自分の席へ運ぶセルフ式のお店です。猫のマグカップでカフェラテを注文すると、かわいい猫のラテアートを描いてくれますよ♩

エスプレッソマシンとフォームミルクで作る各種ラテ系のほかにも、コーヒーと紅茶にハーブティー、いろいろなジュース類やソーダなどのドリンクがそろっています。

出典:www.instagram.com

有機栽培緋色コーヒー 500円(税込)

注文を受けてからドリップするコーヒーは、香り高く濃いめの味わいですが、この重厚な「火の鳥」のマグカップでいただくと、一段とおいしく感じるから不思議ですね。

出典:www.instagram.com

カフェオレ 550円(税込)

カフェゆうで一番人気の「たいmon君カップ」で、ラテ系ドリンクを注文するとクマの形そのままに、クマのラテアートを描いてくれます。これがかわいすぎると、女子たちの間で評判です♩

丁寧に作られる「信楽斑わら灰釉カップ」

カフェゆうで使用されるうつわは、陶芸教室のスタッフがロクロを回して作り、大阪府能勢町にある穴窯で焼かれます。信楽焼と呼ばれる陶器で、稲のわらを燃やした灰の釉(うわぐすり)を塗ることによって、窯の温度変化によってさまざまな色味や風合いが現れるそうです。

いまでは稲のわら自体簡単に手に入らないため、陶芸家のこだわりがある釉として珍重されています。そうして作られるのが「信楽斑わら灰釉カップ」なんです。

うつわの種類もさまざま!

ゆう工房のマスコットキャラ「たいmon君」をモチーフした、一番人気のうつわです。
「しのぎ模様」が特徴の暖炉のように暖かくて、やさしい色味と手ざわりのマグカップです。

特集

SPECIAL CONTENTS