北海道神宮の限定商品!六花亭「判官さま」は焼きたてとろ〜りヤミツキお餅♩

北海道のパワースポットと言われる北海道神宮で「判官さま」と呼ばれる人気の和菓子があります。バターサンドで有名な「六花亭」が神宮茶屋店限定で販売しているのですが、このお餅をもとめて参拝者の行列もできるそうです。さらに無料配布の日もあるとか…?

北海道・神宮茶屋店限定の六花亭商品!

北海道神宮は開拓の神を祀るため、明治政府により明治2年に建立された神宮です。その敷地内に、あのバターサンドで有名な「六花亭」の神宮茶屋店があります。

最近では、北海道の六花亭店舗でしか食べられない「雪こんチーズ」や、新千歳空港限定の「新千歳発」など、地域限定の六花亭商品が度々話題になっていますよね。
今回ご紹介する「判官(はんがん)さま」は、六花亭の神宮茶屋店でしか食べられない限定のお餅なんです。少し不思議な名前が付けられている「判官さま」、いったいどんな商品なのでしょうか。

北海道開拓の父・判官さま

「判官さま」はそば粉入りのやわらかいお餅です。焼き立ては外はパリッとしており、中にはお餅とあんこが包まれています。そば粉の香ばしさと風味があって、本当においしいんです。ただし、そば粉アレルギーの方は要注意です。
原料は、北海道産にこだわった餅米、砂糖、小豆、そば粉、食塩、小麦粉。ひと口食べたら、もう一度食べたくなる逸品です。セルフサービスの暖かい焙じ茶と一緒に、焼き立て熱々をいただくのが最高です。
明治2年、原野だった札幌に今の街の基礎を造った「島 義勇(しまよしたけ)」の名から、この商品名になったのだと言われています。
「これ食べるために神宮行きたいくらい。」「何個でも食べられるな……」と一度食べるとやみつきになるおいしさのようです。
実際に食べた方の感想は「焼きたてのお餅はのび~る……というより、とろっとろ」「体が冷えていたこともあって、身に滲みる温かさでした」と、寒い季節には、温かいお茶と一緒に楽しむ方が多い様子でした。

六花亭 北海道神宮茶屋店

北海道のパワースポットと言われている「北海道神宮」。六花亭の神宮茶屋店は、北海道神宮の西駐車場側の入口にあります。イートインスペースは和風で座布団があったりして、懐かしいお茶屋さん風なんです。お店のなかでは、温かいか冷たいお茶をただで飲めますよ。
店員さんにお金を払ったら、番号札を受け取ります。5分ほど待つとプレートでホカホカに温めた「判官さま」が手渡されます。店内の椅子は限られていますが、お茶と一緒に「判官さま」をいただきましょう。
雪景色を眺めながらいただく熱々の焙じ茶と判官さまは格別です。北海道だからこそ楽しめる光景ですね。

札幌祭りの期間のみ六花亭全店舗で販売

特集一覧

SPECIAL CONTENTS