新感覚おむすび♩原宿「オニギリスタンドギュッ」で手軽におしゃピクも!

おにぎりといえばツナマヨにとろろ昆布など、定番の落ち着く味や素材にほっこり。しかし、原宿にあるおにぎり専門店「オニギリスタンドギュッ」はひと味も、ふた味も違います。ツナマヨが、とろろ昆布のおにぎりが、まるでフランス料理のよう!?

一汁一菜のおにぎりスタンド登場!

2016年9月に原宿にオープンしたばかりの「オニギリスタンド ギュッ!(onigiri stand Gyu!)」をご存じですか?おにぎりの専門店としてさまざまなおにぎりを提供しているお店なのですが、通常のおにぎりとは違う魅力がギュギュッとつまっていると、オープン以来話題となっています。
おにぎり×カフェ×バーをコンセプトにしており、商品もお店もとってもおしゃれ!ランチからディナーまでお任せあれの、頼もしいおにぎりをさっそくチェックしましょう。

原宿「オニギリスタンドギュッ」

お店は東京メトロ明治神宮前駅から徒歩すぐ「ラフォーレ原宿」2Fのフードエリア「グッドミールマーケット(GOOD MEAL MARKET)」にあります。おにぎりやさんというと、商店街やエキナカの渋い雰囲気をイメージしますが、一見おしゃれなカフェのような雰囲気に。日本の春夏秋冬をモチーフにし、日本食らしさを忘れていない暖簾や木のぬくもりもある、ほっこり感も漂います。
ラフォーレ原宿といえばのこの眺め。窓からは明治通りを行きかう人々を見下ろせるカウンター席があります。トレンドに敏感な人も納得のいくおしゃれ感。実は「オニギリスタンドギュッ」はクラウドファウンディングで資金調達をし注目を浴びたお店です。おにぎり協会が全面プロデュースをしたというおにぎりたちは、今までにないスタイルに高められています。

トラディショナルおにぎりは9種類!

それではさっそく期待のおにぎりをご紹介。おにぎりの種類は大きく分けてふたつあります。ひとつは王道の三角スタイル「トラディショナル」シリーズ。梅、鮭、おかか、明太子など全9種類と豊富です。具材も王道の品揃えですが、こだわり具合は半端ではありません。
きになるお米は全国から選りすぐりの産地米を月毎に変えて使用しているのだとか。精米したての産地米で、粒の大きさやツヤ感が素直に現れそうです。通いつめればお気に入りのお米が見つかるかもしれませんね。おにぎりの大きさはおなじみの手のひらサイズ。程よい握り加減に、プロの仕込みが感じられるようです。

プチおにぎりは8種類

おにぎりのもうひとつのシリーズは「プチ(petit)」です。ワインや日本酒のおつまみとして合うように世界の高級素材を使用するなど、小さい中にこだわりがギュッと詰まっています。日本のおにぎりとはちょっと違う、国籍に関係なく楽しめるをテーマにしたユニークなプチおにぎりです。お土産にできるセットもあります。

スモークサーモン

まるでマカロンのような「スモークサーモン」は、粒マスタードが決め手の洋風アレンジ。爽やかなレモンの風味も相性がよいと評判です。プチプチのトビッコの食感も楽しめるなど、小さいのに魅力がたくさん詰まったひと品。サーモンが分厚くて食べごたえもありそう。

エビパクチー

出典:www.instagram.com

350円(税抜) 写真手前

パクチストさんの目がハートになりそうな「海老パクチー」。ドライパクチーは細切れで、独特のクセは目立たず、風味豊かに感じるようです。海老はエビマヨとスイートチリソース仕立て。更に、カットレモンの風味でまるでトムヤムクン?という人も。おススメのペアリングは白ワインとのことで、お呼ばれの際にも活躍しそう。

特集

SPECIAL CONTENTS