ランチでひと際目を引く!ブランドで選ぶステンレス弁当箱10選

おしゃれなお弁当箱が注目される昨今、素朴でスルーされがちなステンレスのお弁当箱…。でも、待ってください!実は、さまざまなメリットがあるんです。子供用としてもぴったりな、ステンレス弁当箱の特徴や魅力、おすすめの商品などをたっぷりご紹介します!

2019年12月10日 更新

ライター : いとう まさと

フードライター / 食文化ライター

日本のもの・文化・食のおもしろさや良いところを伝えるべく、食分野や教育分野の記事を執筆中。日々、おもしろいもの、素晴らしいものを探しつつ、みなさまのお役に立てる情報をお届け…もっとみる

ステンレス製のお弁当箱、使ってる?

さまざまなタイプのお弁当箱のなかでも、どこか無骨に映ってしまうステンレスのお弁当箱。スルーされてしまいがちな商品ですが、意外とあなどれないメリットがあるんです! そこで今回は、ステンレス弁当箱の特徴や使うメリットなどを調べてみました。さらに、おすすめのステンレス弁当箱をいくつかご紹介します。新生活のスタートなどで、どんなお弁当箱を使うか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ステンレス弁当箱を使うメリット

軽くて丈夫

プラスチック製の弁当箱は、落としてしまった場合などに意外と壊れやすかったりしますが、ステンレスの弁当箱はかなり丈夫!さらに、軽量なので持ち運びがしやすいというメリットもあります。子供用のお弁当箱としても頼もしいですね。

洗いやすい

シンプルな形状なものが多いので、洗いやすいことも嬉しいポイント。細かい部品に食材がこびりついたりして、なかなか洗いづらいなどということもなく、ぱぱっと片付けられるので、時間の節約にもなってストレスフリーです。

食品のにおいが移りにくい

プラスチック製の弁当箱に比べて食品のにおいが移りにくいので、食材を気にせずに詰めることが可能です。色移りしづらいというメリットもありますので、次回使用するときのことを気にせず、詰めたいものを自由に詰められるのがいいですね。
ステンレス弁当箱にはシンプルで洗いやすく丈夫、食材を選ばずに詰めることができるなど、たくさんのメリットがあることが分かりました。それでは、ここからおすすめのステンレス弁当箱についてご紹介します。ぜひ、ご自身のニーズにフィットする商品を見つけてくださいね。

メイドインジャパンの意匠が光る「アイザワ工房」

角形ランチボックス

日本の伝統工芸の技術を活かし、生活を豊かにする商品を製造している「アイザワ工房」の弁当箱は、シンプルながらも使いやすいメイドインジャパンの逸品。中身がパッキン仕様になっているので、熱が逃げにくく食材が冷めにくいというメリットもあります。 長く良いものを使いたい方は、ぜひこちらを検討してみてくださいね。
【仕様】 ■サイズ:縦190×横162×高さ53mm ■容量:1,000ml ■材質:ステンレス、シリコンゴム、ゴム ■備考:食洗機OK、電子レンジNG ■楽天価格:4,968円(税込)

ステンレスフードボックス

ステンレス製の弁当箱でも、カラー展開しているものが欲しい場合はこちらの商品をどうぞ。表面にエポキシ樹脂が塗装しているので、マットな質感が落ち着いた印象を醸し出します。ホワイト、ブラック、朱色とシックな雰囲気の色合いを楽しみたい方、シンプルな商品をお求めの方におすすめです。
【仕様】 ■サイズ:縦160×横125×高さ57mm ■容量:670ml ■重量:226g ■材質:ステンレス、シリコンゴム、ゴム ■カラー:ホワイト、ブラック、朱色 ■備考:食洗機NG ■楽天価格:5,400円(税込)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS