ライター : ☆ゴン

カフェやレストランなど外食関連の紹介記事を中心に、豆知識やおいしい料理のレシピなど、皆さまのお役に立つ情報を発信したいと思います。

保冷バッグを選ぶときのポイント

一番のポイントは用途に合った大きさ

保冷バッグを選ぶときの一番のポイントは、用途に合ったサイズを購入すること。大は小を兼ねると言うものの、大容量バッグをランチバッグに使うのは、さすがに無理があります。できれば買い物やアウトドアで重宝する大きなバッグと、お弁当用の2種類があればベターです。

保冷バッグの素材や形状もよく考えて

保冷バッグの生地はプラスチック系素材が多いため、その風合いが自分に合っているかどうかがポイント。さらに使わない場合は、折りたためるかどうかも見極めておくべきです。それによって、バッグの形状がトートかボックス型なのか、それ以外のタイプなのかが変わります。

バッグの構造や閉じ方で保冷力が変わる

保冷バッグは、冷凍庫で凍らせた保冷剤を入れて、中の温度を低く抑えます。そのため開口部がすき間なく、しっかり閉じられるものがおすすめ。またバッグの生地の厚みにも注意してください。あまりにも生地が薄い製品は、保冷効果を期待できないので、避けるほうが無難です。

アウトドアにも。大きいサイズのおしゃれ保冷バッグ5選

お弁当に最適。小さめサイズのおしゃれな保冷バッグ5選

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ