究極の一石二鳥!「グリル鍋」があればホットプレートと鍋いらず♩

鍋やたこ焼きは楽しくて手軽に調理できる一方で、調理器具の収納場所に困っている方も多いのでは?そんな時おすすめなのがグリル鍋。一台でホットプレートも揚げ物も鍋もできるということで、とても人気なんです。おすすめ機種やレシピをご紹介します!

2019年11月15日 更新

ライター : shochang

美味しいものと映画がだーいすき。

ホットプレートも鍋も楽しめる「グリル鍋」

ITEM

タイガー グリル鍋 3.5L プレート 2枚 タイプ 深鍋 焼肉 プレート 蓋 付き CQE-B200-TH

¥5,663 ※2018年08月29日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

お金がかかるので自炊を始めたいが、調理器具を買い揃えることや、収納場所に頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか?鍋やたこ焼きは手軽にできる一方で、土鍋やガスコンロ、たこ焼き器など……それぞれの調理器具を揃えなくてはいけないのが悩みの種ですよね。
そんな時におすすめしたいのが「グリル鍋」。なんと一台で、焼く、煮る、蒸すなど多様な機能を併せ持った超便利家電なんです。しかも、ガスコンロや土鍋のように面倒な手入れも必要ないので、簡単に扱えます。収納場所が限られてしまうひとり暮らしの方にも、日々家事に追われる忙しい主婦の方にもピッタリですね。

グリル鍋とホットプレートの違い

ホットプレートとグリル鍋、いったいどのような違いがあるのでしょうか。分かりやすくお教えいたしますね。

ホットプレートとは?

まず、ホットプレートはその名の通り、鉄板を電気で熱して使用する商品です。深さがないので、主にグリル料理に適しています。焼き肉や、焼きそば、お好み焼きなど、お祭りの屋台で食べるようなメニューを作るときに便利です。

グリル鍋とは?

グリル鍋は、ホットプレートと原理は変わりませんが、形状が違います。鉄板部分がより深くなり、鍋のような形状になっているので、焼くことに加えて、煮る、蒸すなどの機能が加わります。
鍋やすきやき、おでんなど、みんなで囲んで食べたい冬の定番料理も、土鍋やガスコンロ、IHプレート要らずで手軽に楽しめます。グリル鍋は購入時に数週類のプレートが付いてくるので、あとから買い足す面倒もありません。

機能にこだわるあなたにおすすめのグリル鍋

象印 グリルなべ あじまる EP-RV30

楽天価格:13,200円(税込)
4種類のプレートが付いており、煮る、焼く、蒸すの調理方法に対応しています。土鍋風大型なべは直接コンロの火にもかけられるので、おでんや鍋料理の下ごしらえも簡単にできます。大きさは、ちょうど4人家族にぴったり!
【仕様】 サイズ:収納時 幅44.5cm×奥行38cm×高さ27cm 消費電力:1350W 質量:約7kg コード長:2.5m 特徴的な機能:直火OK(土鍋風大型鍋のみ)、溝つき焼肉プレート セット内容:本体、ふた、土鍋風なべ、平面プレート、溝つき焼き肉プレート、蒸しプレート、電源コード

タイガー グリル鍋 3枚プレートCQG-B300

楽天価格:12,420円(税込)
遠赤土鍋コーティングによって、素材の旨みを存分に引き出してくれます。またこちらの商品は、パーティーの時にうれしいたこ焼き用のプレートが付き。しっかり大容量の3.7Lで、大人4人で囲んでも十分なサイズですよ。
【仕様】 サイズ:幅40.2cm×奥行36cm×高さ19.1cm 消費電力:1100W 質量:約4.9kg コード長:1.8m 特徴的な機能:たこ焼きプレート、遠赤土鍋コーティング、マグネット式プラグ セット内容:本体、ふた、たこ焼きプレート、波型プレート、蒸し台、深なべ、電源コード
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS