じゃがいもは野菜じゃない!? 穀類でもない!? ではなんだ?

「じゃがいもは野菜じゃない」と言われたら疑問を感じませんか?一体じゃがいもの何が、野菜に分類されない要因になっているか気になりますよね。今回は、そんなじゃがいもは何なのかという永遠の謎にせまります。

2016年11月25日 更新

じゃがいもって野菜?

突然ですが、みなさん。じゃがいもって、野菜なのでしょうか?自信をもって「野菜です」もしくは「野菜ではありません」と答えることができますか?
「じゃがいも 野菜」でネット検索すると、「じゃがいもは野菜なのでしょうか。穀物ではないのでしょうか。」という質問があるほど。意外と悩む人が多いのかも知れません。自信をもって答えられない人が思いのほかたくさんいるようです。
ではなぜみなさんに「じゃがいもは野菜なのか?」という疑問が生じるのか、その由来についてまとめていきます。

そもそもじゃがいもとは

ナス科の多年草で南アメリカのアンデス地方の高地を原産とし、昔から重要な食糧とされてきたトウモロコシとともに長い間インカ文明を支えてきた食品です。スペイン人によってヨーロッパに紹介され、現在では世界各地で栽培されているものなのです。
とあります。ナス科、草、というキーワードを見落とさなかったあなた!安心してください。ナス科の草ということは、じゃがいもは一応お野菜の一種でもあるといえるでしょう。日本の農産物の分類においても、野菜とされているようです。ここまでの情報では、今まで自分たちが考えていた【じゃがいもは野菜】で間違いないでしょう。
しかし!食品として分類するのであれば、じゃがいもはイモ類で、穀物ではなく、【穀物に準ずる主食となる農産物】になるというのです。おそらくみなさんを悩ませているのは、この「穀物に準ずる主食となる農産物」という分類方法でしょう。さまざまな食品の栄養成分が一挙にまとめられた「食品成分表」によると、じゃがいもは、野菜類でも、穀類でもなく、【いも及び粉類】に分類されるのです。
「農産物の分類において」はお野菜、「食品の分類において」はお野菜ではなくいもおよび粉類になるというわけです。
では、なぜ“じゃがいもはお野菜じゃない説”が生じてくるのか、考えてみましょう。

芋類は野菜じゃない?

「いもおよび粉類」に分類されるじゃがいもですが、そもそも「いもおよび粉類」とはどのようなものを指すのでしょうか。
<いも類>は、養分を貯蔵している組織で、塊茎、球茎および塊根のことをさします。野菜類に分類することもできますが、<でん粉・でん粉製品>ともされています。
簡単に言うと、一般的に知られている「野菜」と比較して、じゃがいもは糖質を多く含んでいるということ。お米を食べる文化のある日本ではあまり親しみがないかもしれませんが、海外などに行くと、じゃがいもで作られたマッシュポテトが糖質摂取源の主食として食卓にあがることも多いのです。

でんぷんとも言われる

また、じゃがいもは加工されて、「でんぷん」になることもあります。でんぷんはみなさんご存じのとおり【片栗粉】のことです。片栗粉は本来、カタクリという植物のでんぷんを粉にしたものでしたが、現在売られている片栗粉のほとんどはじゃがいものでんぷんといわれています。
このようないろいろな条件のため、じゃがいもは野菜ではなく、「いもおよび粉類」という独立した分類に属するというわけなのです。こんな風に聞くと、曖昧になっていた部分がすっきりしませんか?
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

DIET_SPO_k

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう