簡単手作り!「ハンガリアンウォーター」は奇跡のアンチエイジング水

いつまでも若々しく、そして美しくありたい。それは世界中の女性にとって永遠の願いですよね。そして、若返りの水というものが実際にあるなら試してみたいとは思いませんか?ハンガリアンウォーターなら、その願いを叶えてくれるかも。

2017年12月12日 更新

ハンガリアンウォーターって何?

14世紀の中世ヨーロッパ時代、ハンガリーの王妃であるエリザベート1世は70歳という高齢に加えリウマチかあるいは現代でいう痛風に悩まされていました。そんなハンガリー王妃エリザベート1世のためにイタリア修道院から、ローズマリーをアルコールに漬け蒸留されたものが献上されました。
エリザベート1世はその蒸留水をえらく気に入り、体に塗ったりまた飲用水として飲んだりしたともいわれています。やがてエリザベート1世は魔法のような蒸留水のおかげで元気と若々しさを取り戻していったそうです。
この魔法のような蒸留水こそがハンガリアンウォーターの始まりとされています。ちなみにこのハンガリー王妃のエリザベート1世、72歳のときに20歳のポーランド王子様にプロポーズされたそうですよ。若返りの水を使ってさらに美しさに磨きをかけたんでしょうね。

若返りの水?

若返りの水と聞くと、なんだかアニメにでてくる魔女御用達の不思議なものを想像しがちですがそんなことはまったくありません。じつは地中海沿岸で採れる良質なローズマリーをアルコールに漬け込んだもの(チンキ)が化粧水になったものなのです。
ハンガリー王妃エリザベート1世が、この化粧水で健康になり、見た目にも大きな効果があらわれ若々しく美しくなったというエピソードは、なかなかピンとこない方もいらっしゃるかと思います。ですが、今日までにローズマリーのチンキがハンガリー王妃の水ハンガリアンウォーターと呼ばれるようになり、また若返りの水という別の名前でも親しまれるようなものになっています。やはりそのパワーは絶大なもののようですね。

若返りの水を自分で作る!

ハンガリアンウォーターについてあれこれ説明してきましたが、ここまでの話ではとても高貴で手をだせないほど高価なもののようなイメージがありますよね。しかし、このハンガリアンウォーター、自分でも簡単に作れてしまうんです。ぜひチャレンジしてみてください!

ハンガリアンウォーターに必要な材料

ハンガリアンウォーターを作るにあたっての材料を紹介しましょう。やはりメインとなるのはローズマリーです。このローズマリーは多年性で地中海地方が原産ですが、現在は世界中いたるところで栽培されています。肌はもちろん低血圧、手足の冷、筋肉痛、気管支炎などにローズマリーは効果を発揮します。
■ドライハーブ
ローズマリー:10g
ペパーミント:10g
ローズ・レモンピールまたはオレンジピール:各5g
お好みでラベンダー:5g
■その他材料
精製水:200ml
無水エタノール:100ml
※飲用にする場合は精製水・無水エタノールをウォッカ300mlに変更
■遮光瓶
これらの材料はたいていどこでも簡単に手に入るものです。ドライハーブなど手に入らない場合は、フレッシュハーブをを乾燥させて使ってください。比較的大きなスーパーや八百屋さんであれば手に入りやすいですよ。また、最近ではハンガリアンウォーター用のドライハーブセットなども売っていますので、ネットで検索してみるのもいいですね。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

fukutatsu

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう