悲しみの涙は甘い!? 涙の成分によって味が変わるの知ってる?

涙は成分によって味が違うの、知っていますか?悲しみの涙はサラサラしていて甘く、怒りの涙は粘りがあって塩辛い。しかも、涙の原料は血液というから驚き。今まであなたが流していた涙の成分は、そのときの感情に大きく左右されていたんですよ。

2017年12月6日 更新

ほほを伝う水滴、涙

あなたは最近いつ、涙を流しましたか?

悔しいとき、うれしいとき、悲しいとき、そして感動したとき。抑えきれない感情となって瞳からこぼれ落ちる涙は、私たちの気持ちを現すバロメーターと言えるでしょう。

その涙が実は、感情によって味が変わることをご存じですか?しょっぱい、と答える人がほとんどなはず。怒り涙は塩辛く、うれし涙は甘い、と言うように味に違いがあるんですよ。しかも、その涙は「血液」だった、という驚愕の事実まで発覚しました。きっと誰もが「いやいやいや。だって涙は無色透明じゃないか」と思うのが当然。

あなたが無意識のうちに流している涙には3タイプあって、それぞれに役割があります。今回は、感情がピークに達したときに目からとめどなくあふれ出す、うるわしき涙の謎に迫ろうと思います。

感情によって変わる涙の味

悲しいとき、うれしいときの涙の味

悲しいとき、うれしいときは副交感神経が優位になっているので、カリウムやナトリウムの量が少なく甘め。しかも、水のようにサラサラしていて、量が多い傾向にあります。

怒っているとき、悔しいときの涙の味

怒っているとき、悔しいときに流す涙の味は、塩辛いのが特徴。これは交感神経が優位になって、ナトリウムや塩素などの電解質の量が多くなるからです。涙の量は少なく、粘り気があります。

実は涙は3種類あった

ところで私たちが何気なく流している涙は、細かく分けると3タイプ。とくに、喜怒哀楽を感じたときに出る情動性分泌の涙の味には大きな違いがあります。では早速、下記の内容をご覧ください。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

yuitoss

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう