やさしい?意地悪?「秋茄子は嫁に食わすな」の意味と3つの由来とは

秋においしい季節を迎える茄子。「秋茄子は嫁に食わすな」ということわざがありますが、実は3つも意味をご存じでしょうか。「おいしい茄子を嫁には食べさせたくない」というお姑さんの気持ちをイメージする方が多いかもしれませんが、実はほかにも説があるんです!

2019年6月3日 更新

「秋茄子は嫁に食わすな」には3つの説がある

「秋茄子は嫁に食わすな」この慣用句の意味をご存知ですか?

"秋茄子のおいしさを表したことわざ""お嫁さんの身体を気遣ったことわざ"などの意味で語られる慣用句ですが、実はそれだけではないんです。なんとその起源は鎌倉時代までさかのぼります。

今回は、そんな食べ物にまつわることわざの由来や意味を紐解いていきましょう。

ことわざ「秋茄子は嫁に食わすな」の意味とは?

1. 意地悪な姑説

ひとつ目は、「秋に旬を迎え、おいしくなる茄子を嫁なんかに食べさせるのはもったいない」という、姑さんの意地悪な気持ちを表しているというもの。

同じような言葉で「秋かます、嫁に食わすな」「秋鯖、嫁に食わすな」「五月蕨、嫁に食わすな」などがあり、いずれも嫁イビリを匂わせる慣用句です。封建的な家族制度のなかで生まれた言葉なのかもしれませんが、意味には諸説あり、その理由や語源はハッキリしていないのが実のところです。

2. やさしい姑説

一方で、「秋茄子は嫁に食わすな」には、意地悪ではなく、嫁の体を気遣う意味合いがあるという説もあります。茄子には体を冷やす働きがあるので、涼しくなってきた秋に茄子を食べると、出産を控えたお嫁さんの体が冷えてしまうので、やさしい姑さんがお嫁さんを心配しているのだというものです。

また、秋茄子は種が少ないので、子宝に恵まれないとう縁起の悪さを気にしているのだという解釈もあります。

3. 実は「嫁」とは夜目(ネズミ)を指す説

また、ここでいう"よめ"は「夜目」と書き、ネズミのことを指しているという説もあります。つまり、おいしい秋茄子をネズミに食べさせるのはもったいないということで、おいしいものをとられたくないという意味として取れますね。

鎌倉の和歌集に由来することわざ?

鎌倉時代の和歌集『夫木和歌抄』には「秋なすび わささの粕につきまぜて よめにはくれじ 棚におくとも」という歌があります。

これは、酒粕につけた秋茄子をおいしくなるまで棚に置いておくのはよいけれど、ネズミ(夜目・よめ)に食べられないように注意しましょうという意味です。「秋茄子は嫁に食わすな」は、その和歌が語源ではないかとも言われているんですよ。
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

sakura

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう