ローディング中

Loading...

サプライズティーとも呼ばれている「マロウブルー」。その名のとおり驚きに満ち溢れているハーブティーです。古くから健康茶としても親しまれており、見て楽しい、飲んでおいしい、まさに奇跡のハーブティーです。今回はそんな「マロウブルー」を紹介します!

魔法のように色が変わるマロウブルー

水色、紫色、ピンク色と3色に変化する不思議なハーブティー「マロウブルー」をご存知ですか?フランスでは、「夜明けのハーブティー」という名前で親しまれています。身体に嬉しい効能もあるので、普段の生活に取り入れてみるのもいいかもしれませんね。友人をまねいてのティータイムにもオススメです。

マロウブルーってなに?

ブルーマローというハーブの花からつくられる「マロウブルー」。モナコの王妃、グレース・ケリーも生涯愛してやまなかったハーブティーです。深い青色からあざやかな赤色に変わるさまが夜明けの空に似ていることから、「夜明けのハーブティー」と呼ばれています。そして、「マロウブルー」は同じ淹れ方をしても、一度として同じ色になることはないんです。お湯の温度はもちろん、気温や天候によっても少しずつ色が違うんだとか。なんともロマンチックなハーブティーですね。

そもそもマロウブルーとは

日本では、「うすべにあおい」と呼ばれているハーブの一種です。最近では、ガーデニングでも人気の品種なので、ご自宅で栽培されている方もいるのではないでしょうか。フランスやローマでは、古くより食用や、薬用として栽培されていました。特に薬としてよく使われていて、医学の祖とされている、あのヒポクラテスも気管支炎や風邪を患った人々に処方していたそうです。

ちなみに、マシュマロのマロは「ブルーマロー」のマローからきているんだとか。実はマシュマロは、「ブルーマロー」の根の部分を原料にしていて、昔はのど薬として使われていたんですよ。なんだかおもしろいですね。

マロウブルーの色の変化

「マロウブルー」の最大の特徴は、色が3色に変化することです。淹れたての色は、まるで透き通った海のような鮮やかな水色。そして、時間が経つにつれて、少しずつ澄んだ紫色に変化していきます。その変化してい様子を眺めていると、思わず時間が経つのを忘れてしまいそうですね。マロウブルーにハマる人が多いのも納得出来るはずですよ。特に淹れてから紫色に変わるまでの時間は、「マロウブルー」の色々な表情が楽しめるので必見です。

じゅうぶんに青色から紫色への変化を楽しんだら、レモン果汁を一滴、「マロウブルー」に垂らしてみてください。すると今度は、優しいピンク色に変わっていきますよ。なんとも不思議ですよね。少しずつレモンの量を調節しながら色の変化を楽しんでみてください。ちなみにオススメは3滴垂らした時のピンク色。桜の花びらのようなキレイな色になりますよ。

でもどうして色が変わるの?

さまざまな色に変化する「マロウブルー」ですが、なぜ変化するのでしょうか。まず、青色から紫色に変わっていく仕組みですが、これは温度の変化にとって引き起こされていた現象だったんです。これは、ハーブティー全体にいえることなのですが、ハーブの特性上、熱い温度で淹れたものは徐々に濃くなっていくそうです。ようするに、ただ濃度がどんどん濃くなっていっているだけなんですね。「マロウブルー」はあまり味の主張が強くないので、色だけが変化しているように感じてしまうんですね。

そして次に、レモン果汁を垂らすことによって紫色からピンク色に変わる仕組みです。これは、「マロウブルー」のもつ青色色素「アントシアニン」によるもので、レモン果汁によってアルカリ性から酸性に傾くことによって色がピンク色に変化していったというわけです。「アントシアニン」は、紫キャベツやブルーベリーにも含まれています。つまり、紫キャベツにレモン果汁をかけても色が変化するということです。

マロウブルーの淹れ方

お湯だし

「マロウブルー」をお湯で入れるときは、ハーブの量はカップ1杯あたり、花を7個くらい用意します。お湯の量は、1杯あたり200ccが目安です。お湯の温度は、熱すぎるとすぐに色が変化してしまうので70℃前後がオススメです。しかし、効能を優先したいのであれば90℃以上で淹れてくださいね。抽出時間はお好みで調節してください。30秒前後で鮮やかな水色に、3分ほどで紫色に変化します。

水出し

長い時間キレイな青色を楽しみたいという方は水出しがオススメです。分量はお湯出しの場合と変わりませんが、抽出時間は少し長めに取ってくださいね。お湯だしと比べて青色をかなり長く楽しめるので、「マロウブルー」の好きな人は水出しをすることが多んだとか。「マロウブルー」自体にあまり味や香りがないので、効能をあまり気にしないのであれば水出しの方が楽しめますよ。

マロウブルーの効果効能

もちろん「マロウブルー」の良いところは色の変化だけではないんです。海外では、家庭菜園でも栽培している家庭も多く、風邪を引いたときによく飲んでいるんだとか。咳が止まらないときや、痰が絡むときなどにオススメです。さらに、粘膜を保護する効果もあるので、消化器系の症状や胃腸炎など、花粉症の症状緩和、喫煙者の傷んだ喉のケアにも有効だそうですよ。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

和菓子 岐阜

岐阜県の東白川村にある「白川茶屋」に出没した「つちのこ焼き」なるものが今、注目されています。実はこの「つちのこ焼き」は地元の農業婦人たちが手作りしたもの。人気テレビ番組で紹介され、ネットでも話題の「つちのこ焼…

後楽園 ドリンク

後楽園にあるオーガニック牛乳を使ったソフトクリーム専門店「Honey Trip(ハニートリップ)」から、点滴の容器に入ったミルクやオレンジなど5種の「点滴ジュース」が発売!フォトジェニックな、インパクトのある…

スイーツ カフェ まとめ

秋といったら栗スイーツ!モンブランやマロンクリームなど、ほっこり甘い味わいが魅力的ですよね♩今回はパブロやジョエルロブションなど、有名なブランドの商品を7つ集めてみました♩詳しくご紹介するので、ぜひチェックし…

ドリンク

マクドナルドが、明治のブランド「チェルシー」と初のコラボ!『マックシェイク チェルシー』が、全国のマクドナルド店舗にて期間限定で発売されます。「チェルシー バタースカッチ」のおいしさを楽しめるひんやりスイーツ…

チョコレート お菓子

甘くて誰もが大好きなチョコレート。チョコレート業界では、着色料も果物も一切使用していないのにピンク色でベリーの風味がするチョコレートが発表されて話題になっています!天然のピンク色とベリーフレーバーのチョコレー…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ケーキ まとめ

安全な食を追求することで安心安全な未来を切り開きましょう☆ ということで無添加が売りの超優良食品をまとめました!

おつまみ スイーツ チョコレート まとめ

ウイスキーは商品によって全く味が異なりますよね。いつも同じおつまみになっていませんか?定番のチョコを毎回用意するのも良いですが、実は法則があるんです。ピッタリなおつまみを合わせれば、お気に入りのウイスキーも格…

コーヒー まとめ

コーヒー好きの人ならばお家で美味しいコーヒー飲みたいですよね?そんな時には美味しいコーヒー豆をお取り寄せするのはいかがでしょうか。この記事ではそんな美味しいコーヒーを飲みたい時にぴったりのお取り寄せコーヒー豆…

タルト 沖縄 カフェ まとめ

宝石のように光輝く、フルーツたっぷりタルト。今回はお取り寄せもできる人気商品をご紹介します。数量限定のものや冷凍してもおいしいタルトなど、バラエティに富んだ商品を揃えました。誕生日会はもちろん、ママ会や親戚な…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

緑茶は和食や和菓子にしか合わないと思っていませんか?濃厚なうまみの「キリン 生茶」なら、日本の料理だけでなく世界のさまざまな料理ともぴったり合うんです!今回は、生茶とチーズ料理のマリアージュをご紹介します♩

ポテトサラダ レシピ

10月10日は「ポテトサラダの日」!今回は、彩り豊かな「ご当地ポテトサラダ」のアイデアをご紹介します。スーパーで買えるポテトサラダを利用すれば簡単に、個性豊かな味わいを楽しめるんですよ!おかずやおつまみにもぴ…

kikuchi

自炊は主にタイ料理です。

ページTOPに戻る