【1日限定20食】清澄白河『福佐家』究極のこだわり「あさり丼」のみを提供し続けるお店!

清澄白河にある『福佐家』は長年1日限定20食のみの「あさり丼」を提供し続けているという、まさに究極のこだわりを持つお店なんです。

清澄白河「福佐家(ふくさや)」

1日限定20食の「深川あさり丼」はまさに店主のこだわりが詰まった逸品

清澄白河駅から徒歩5分のところにある「福佐家」
まず目をひくのは大きな「あさり丼」の文字(⌯¤̴̶̷̀ω¤̴̶̷́)✧
そうなんです、ここは長年ご飯が隠れるほどあさりがたっぷりと乗った1日限定20食の「あさり丼」を提供し続けているという、まさに究極のこだわりを持つお店なんです( ๑˃̶ ॣꇴ ॣ˂̶)♪⁺
ここにも「あさり」だらけ(笑)

これがその究極の「深川あさり丼」

ゴロゴロ入った大粒のアサリと、やや濃い目の醤油味を三つ葉が引き締め、春雨がその食感の架け橋になっているという逸品です(๑˃́ꇴ˂̀๑)

最大のこだわりはあさりの仕入れ

店主の最大のこだわりは、木更津産のあさりを使うこと。「それ以外ではこの味が出ないと思ってしまう」とまで語っています。したがって、あさりの入荷がない日は店を開けないという徹底ぶり。
名物の「深川あさり丼」は、素材の味わいをしっかりと引き出す醤油ダレで作られています。注文から提供まで20分以上かかることもありますが、それを差し引いても「食べて良かった」と思えるほどのあさり丼。
サイドメニューの「あさり佃煮」も酒のつまみに最高とのこと♪

非常に弾力のある食感が◎

玄人技で、「あさり丼」と一緒に頼み、味に変化を付ける人も!?

テレビでも「こだわり一品勝負のお店」として紹介されました!

6月18日放送の「Nスタ」で「究極の味こだわり一品勝負の店」と題して、「福佐家」が紹介されています♪
この「深川あさり丼」を食したリポーターの児玉理恵さんは「すごいプリプリ〜まず身の弾力に驚きますね。あさりの香りとエキスがどんどん出てきます♪」と絶賛!!

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

きょこたん

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう