加工品でも人気!トマトジュース

光樹とまとは、ジュースやソースとして加工品でも販売されています。収穫期以外の時期でも楽しめるようにと、開発に4年の歳月をかけて作りだされたそう。まさに贈り物にもぴったりなひと品です。

おいしさの見分け方・食べ方・保存法

おいしいトマトの見分け方

固くてずっしりと重い物を選びましょう。柔らかくなったものは、甘みも落ちています。またヘタがピンと張ったものも鮮度を見分ける一つのポイントです。そしてトマトの裏側を確認してみましょう。裏側のてっぺんから放射線状の線が見えるものが新鮮でおいしいトマトの証拠です。

食べ方

サラダ以外に、加熱調理もおすすめです。加熱した方が旨み成分のグルタミン酸がアップしますよ。食べやすい大きさに切って、洋食なら卵と炒めたり、和食ならお味噌汁に入れたり、またすき焼きをする際に一緒に入れてもおいしくいただけます。

保存方法

トマトは野菜室で保存するほかに、冷凍保存も可能です。皮ごと冷凍した後、取り出してそのまま冷水につければ、皮がつるっとむけますよ。皮を剥いて調理する場合にとても便利な裏技です。

おわりに

トマトは旨みだけでなく、酸味と水分があるため夏の水分補給にも最適です。昔、氷水をはったボールの中にトマトを丸ごと入れて、玄関先や縁側などに設置しているご家庭を見たことがあります。いつでも水分補給ができる心配りと赤いトマトが映えて、実はインテリア代わりにもなる素敵な光景でした。 ぜひ、ご家庭でトマト鉢を置いてみませんか?古風な家屋にマッチするのはもちろん、洋装のお家でも色味がアクセントになって華やかになりますよ。 汗をかいた後、夏の暑い時期などに、さっとトマトをかじって水分補給。そしてプラスαで栄養補給もすることができるトマト。昔ながらの知恵を活かし、インテリアとしても健康のためにも、ぜひたっぷりトマトを食べてください。そして、今回紹介した光樹とまとは、特別に価値あるトマトです。値段は1パック3個入って580円(税込)で購入しました。 トマトは新しい品種がどんどん生まれ、その味わいも全く異なります。トマトの食べ比べをして、ぜひ自分好みのトマトを見つけてみてくださいね。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ