ライター : ハツ

フードアナリスト

恵比寿・銀座、新宿や渋谷・中目黒・六本木・築地あたりの居酒屋から女子会に使えるグルメなランチ&ディナー、雰囲気のいいカウンターがあるお店、おひとりさまでもOKなお店、スイーツ…もっとみる

日本人の朝は、やっぱり炊き立てのご飯から

日本人たるもの、やっぱり大好きな“ごはん”。 熱々でほかほかのごはんは、ダイエットなんて気にしないくらいにお腹いっぱい食べたいですよね。
そんなみんな大好きな「ごはん」を、本格的な釜で炊いたようにもっちもちで甘く炊くことができる究極の炊飯器が登場するんです。

かまど炊きを実現できる「パナソニックのSR‐SPX6」

パナソニックから2016年6月1日に発売になるのは、スチーム&可変圧力IHジャー炊飯器『SR‐SPX6シリーズ』。

特長①「Wおどり炊き」

強い火力で沸騰させることで、お米をおどらせるパナソニック独自の炊き技が「Wおどり炊き」。Wでおどらせると、お米一粒一粒が大きくふくらむので口の中でお米の粒を感じることができるんです♪ 「おどり炊きなし」より「Wおどり炊き」で炊いたお米のほうがふっくらします。

特長②「ダイヤモンドかまど」

「ダイヤモンドかまど」は発熱性と蓄熱性にすぐれた素材を使っているので、本当にかまどで炊いたかのようなお米のおいしさ! しかも、軽くて丈夫なのに、内側はダイヤモンドコーティングになっているからとっても洗いやすいんです。

特長③「赤飯も簡単にできちゃう専用コース」

普通に作ると数時間かかってしまう「赤飯」や「おこわ」を40%も時間短縮できちゃう専用コースがあるんです。簡単なのに、本格的に蒸したようなモチモチした弾力のある食感のできあがりは感動! さらに、お米の銘柄によって炊き分けができるコースもあるんです。ごはんを食べる楽しさが広がりますね♪
炊き立てのごはんは、一口食べた瞬間に「甘い!」と感じるくらいに、今までのごはんのイメージを変えてくれます。 本当に老舗旅館の朝ごはんで出てくるような、モチモチ食感のごはん。おかずがなくてもどんどん食べられちゃいます…!
お赤飯も、本格的に仕上がります。お米がモチモチにできあがるので、赤飯にはピッタリですね。 お米本来の味がしっかりと堪能できますよ。
「かまどで炊く味をいかに家で再現するか」ということにとことんこだわった、今回の新商品。 おうちごはんがよりリッチになること間違いナシ! 発売の2016年6月1日が待ち遠しい~!!!
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ