スイーツ好き必見!等々力「パティスリーアサコイワヤナギ」で至福のひと時を

オープンから一ヶ月足らずで、すでにスイーツ好きのあいだで話題になっている等々力の「パティスリ アサコ イワヤナギ」。実力のあるパティシエが独立、新規開店したお店です。ケーキはもちろん、内装の美しさにも注目ですよ!

パティスリーアサコイワヤナギの芸術スイーツ

いままでに出会ってきた人や、物によってインスピレーションを受け、それによって毎日ケーキ作りができているんだと気付いたという、パティシエのイワヤナギアサコ氏が、2016年1月にオープンさせたばかりの「パティスリ アサコ イワヤナギ」。

目の前に現れたら、思わず食べずにはいられないケーキを作りたいと考えているそうです。お店の雰囲気も、とっても大人でおしゃれなので、一度は足を運んでみたくなるお店です。
「パティスリ アサコ イワヤナギ」外観。落ちついたトーンの外壁。奥は大きなガラス張りになっていて、店内の様子が伺えます。

場所は、「等々力駅」から徒歩3分ほど。専用駐車場はありませんが、近くにコインパーキングがあるそうなので、車で来ても大丈夫です。

大人な空間の店内

お店に入ると、「ここは本当にケーキ屋さんなの?」と思うほど、上品で落ち着いた空間。おとしめの証明に、ショーケースがひときわ目立つ光を放っています。

店内には、ちょっとしたカフェスペースもあるとのことで、ケーキをすぐに食べたい!というときには最適ですね。
焼き菓子は、ショーケースではなく、お店の奥に展示があります。フィナンシェやマドレーヌなどが並んでいるようです。

シンプルだけどアートな洋菓子

「ブール・ア・ラ・クレーム」

カスタードクリームをベースにして作られたコクのあるディプロマットクリーム、サクサクのシュー生地が人気の秘密。鮮度を大事にするために毎日少量しか店頭に並ばないそうで、連日早く売り切れてしまうほどの人気商品です。
「峠モンブラン」(¥550

和栗の峠をイメージしたというこのケーキ。シャンティの中に黒糖のゆべしが入っています。生クリームが甘すぎずちょうどいい甘さだそうです。スキーのジャンプ台のような、変わったビジュアルなので、手に取るお客さんも多いのだとか。
「プティ パルフェ」

小さなグラスに綺麗に敷き詰められたグラデーションが魅力的。ハチミツヨーグルトのコク、ライムジュレ、イチゴソースの酸味が絡み合った絶妙なコンビネーションがおいしさの秘密です。
「カフェオレ」(写真左)(¥540)

店内でケーキを食べていくのなら、ケーキと一緒にドリンクも欲しいですよね。自家焙煎をしている「コンパスコーヒー」の豆を使用しているそうで、とても美味しいのだそうです。

パティスリーアサコイワヤナギに行こう!

他にも、季節のフルーツを使用したタルトや、ケーキがその都度変わるので、それを楽しみに行くお客さんも多いのだとか。

開店したばかりで、まだ大きく取り上げられていることは少ないので、人気に火がつく前に、訪れてみてはいかがでしょうか。

店舗情報

特集

SPECIAL CONTENTS