写真映え抜群!「ストーンプレート」の使い方アイデアまとめ

ダルトン社の「ストーンプレート」は和洋問わずどんな料理にも使えて便利、しかもお料理がおいしくおしゃれに見えると人気を呼んでいます。今回はInstagramの投稿写真からストーンプレートのおしゃれな使い方アイデアをまとめてみました。

いまストーンプレートが人気です

今、Instagramで大人気のダルトンの「ストーンプレート」。ご覧のとおり黒い天然石が加工されたもので、装飾性はないのですがシンプル・イズ・ベスト!使い勝手がよく、どんなお料理をのせてもマッチします。素朴な質感だけでなく、お値段もそれほど高くないところも人気のようです。

今回はそんなストーンプレートのおしゃれな使い方をまとめてご紹介します。

ストーンプレートのおしゃれな使い方

スイーツを置いてみる

サブレシトロンとサブレブールをのせて。コーヒーはブラック系のマグで。チョークなどで文字も書けるのがいいですね。
デザートを盛り付けたストウブのピコ ココットとあわせてシックに黒一色でまとめています。仕上げにあしらった粉糖も、背景が黒だといっそうおしゃれな感じに。
英字新聞の上にスコーンをのせて、まるでカフェのようですね。天然素材のプレートなので、木の枝や木の実、お花など自然を感じさせるものを添えるとぴったりです。

トレイ代わりに使って

無印良品で買ったサブレシトロンを白いお皿にのせてストーンプレートに。アップルジュースの入ったマグカップも一緒に。チョークの文字はフランス語で書かれているみたいですね。

バラの実とシロタエギクを使ったスワッグが置いてあるのもまた素敵です。(スワッグは海外では人気の、ドライフラワーブーケのような壁飾りです。)

和菓子にもぴったり

お手製のチョコ生クリーム大福をストーンプレートに。黒に白い色はよく映えますし、添えられた南天でぐっと和の雰囲気に。冬らしさも演出されていてお見事です。

1日のスタート。朝食でも

こちらは長方形ではなく正方形型のプレート。プチフランスパンの中には、ルッコラやハム、いちじく、生クリームがサンドされています。カトラリーもストーンプレートと同系色で統一感も。おいしい朝食を食べて1日頑張れそう!

小皿におかずをのせてアレンジ

もちろん小皿におかずを入れてトレイとしても使えちゃいます。器もこだわって華やかに。豊かな気分でお食事できますね。

特集

SPECIAL CONTENTS