2016年欧米でもトレンドに。「プアオーバーコーヒー」にトライしない?

Pinterestの2016年トレンド予想で挙げられた「プアオーバーコーヒー」、つまりハンドドリップで淹れるコーヒー。おうちで本格的なコーヒーを楽しむにはハンドドリップがおすすめです。プアオーバーコーヒーのポイントをご紹介します。

プアオーバーコーヒーが今後トレンドに?

2016年、Pinterest(ピンタレスト)がトレンドになるだろうと予想して挙げた中の一つが「プアオーバーコーヒー(Pour over coffee)」です。
いわゆるハンドドリップ、自宅でおいしくコーヒーを淹れて楽しむスタイルを意味します。

以前macaroniでもご紹介した通り、日本でもコーヒーのフォースウェーブ(第4の波)が来ると言われており、自分で本格的なコーヒーを淹れる文化が浸透するのではないかと考えられています。

「ハンドドリップ」ってどうやるの?

ハンドドリップとは紙でできたフィルターに、挽いたコーヒー豆を入れて上からお湯を注いで(すなわち英語で「プアオーバーコーヒー」)コーヒーを抽出することを指します。

コーヒーが好きな方はやはりおうちでも「喫茶店のようなコーヒーを飲みたい」と切実に思われることでしょう。コーヒーメーカーでもいいんだけれど、どうせならもっとこだわってハンドドリップでコーヒーを淹れてみたいものです。

でもハンドドリップに挑戦したいけど、なにから手をつけたらいいのか分からないという方もいますよね。自宅でおいしいコーヒーを淹れるポイントをご紹介します。

用意する道具は6つです

・コーヒー豆(挽いてあるもの)
・ドリップポット
・コーヒーサーバー
・ペーパーフィルター
・メジャーカップ(スプーン)
・コーヒードリッパー

まず、この6つを手に入れましょう。コーヒー専門店に行けばセットで購入できます。
コーヒー豆はお好みですが、まだ自分の好みがわからない場合はマイルドなものから試してみるといいでしょう。コーヒー専門店のスタッフなら、きっとアドバイスをくれるはずです。

豆の分量を計ります

メジャーカップ(スプーン)も今しゃれたものが各種出ています。コーヒー豆の適量は一人分15gなので、きちんと計量しましょう。大ざっぱにするとコーヒーの味に関わってきますので気を付けて。ハンドドリップ用品を一式買えば、たいていメジャーカップはついてきます。

フィルターの折り方にも注意して

ペーパーフィルターはギザギザした下の部分をまず折り、次に横のギザギザ部分を下に折った方向と逆に折ります。どちらも同じ方向に折るとうまくドリッパーにはまりません。

コーヒーをドリッパーに入れ「穴」を作る

コーヒー豆はフィルターをセットしたドリッパーに平らに入れ、真ん中に穴が開くようにします。大きさは深さ1~1.5センチ、直径1センチ。すりこぎ棒を使えば上手に穴ができますよ。指でも大丈夫です。こうするとお湯が均等に行き届き、豆の旨みを十分に引き出せます。

ハンドドリップの適温は80~85度です

ここがクライマックス!ドリッパーにお湯を注ぐ工程に入ります。

お湯を沸かしたらまずドリップポットに移します。熱湯でコーヒーを抽出すると風味が逃げて苦みばかり残ってしまうので、ハンドドリップの適温は80~85度と覚えておいてください。こだわる人は温度計で測るそうですよ。

ドリップポットにお湯を入れて1分、コーヒー豆の真ん中の穴にお湯をゆっくりと注いで、穴が埋まったら「の」の字を書くようにお湯を注ぎ、フィルターのふちに届くところで注ぐのをやめます。

最初に落ちたお湯は捨てましょう

お湯を「の」の字で注ぐとコーヒー豆が膨らんで蒸らされます。この状態で30秒置いたら、ちょっともったいないですが下に落ちたお湯は捨てます。このお湯にはコーヒーの雑味がぎゅっと詰まっているので飲まないほうがいいそうです。

特集

SPECIAL CONTENTS