ライター : noranora69

でかいプードルを飼っています。飼い主さんより大きいねとよく言われます^^;

プアオーバーコーヒーが今後トレンドに?

2016年、Pinterest(ピンタレスト)がトレンドになるだろうと予想して挙げた中の一つが「プアオーバーコーヒー(Pour over coffee)」です。 いわゆるハンドドリップ、自宅でおいしくコーヒーを淹れて楽しむスタイルを意味します。 以前macaroniでもご紹介した通り、日本でもコーヒーのフォースウェーブ(第4の波)が来ると言われており、自分で本格的なコーヒーを淹れる文化が浸透するのではないかと考えられています。

「ハンドドリップ」ってどうやるの?

ハンドドリップとは紙でできたフィルターに、挽いたコーヒー豆を入れて上からお湯を注いで(すなわち英語で「プアオーバーコーヒー」)コーヒーを抽出することを指します。 コーヒーが好きな方はやはりおうちでも「喫茶店のようなコーヒーを飲みたい」と切実に思われることでしょう。コーヒーメーカーでもいいんだけれど、どうせならもっとこだわってハンドドリップでコーヒーを淹れてみたいものです。 でもハンドドリップに挑戦したいけど、なにから手をつけたらいいのか分からないという方もいますよね。自宅でおいしいコーヒーを淹れるポイントをご紹介します。

用意する道具は6つです

・コーヒー豆(挽いてあるもの) ・ドリップポット ・コーヒーサーバー ・ペーパーフィルター ・メジャーカップ(スプーン) ・コーヒードリッパー まず、この6つを手に入れましょう。コーヒー専門店に行けばセットで購入できます。
コーヒー豆はお好みですが、まだ自分の好みがわからない場合はマイルドなものから試してみるといいでしょう。コーヒー専門店のスタッフなら、きっとアドバイスをくれるはずです。

豆の分量を計ります

メジャーカップ(スプーン)も今しゃれたものが各種出ています。コーヒー豆の適量は一人分15gなので、きちんと計量しましょう。大ざっぱにするとコーヒーの味に関わってきますので気を付けて。ハンドドリップ用品を一式買えば、たいていメジャーカップはついてきます。

フィルターの折り方にも注意して

ペーパーフィルターはギザギザした下の部分をまず折り、次に横のギザギザ部分を下に折った方向と逆に折ります。どちらも同じ方向に折るとうまくドリッパーにはまりません。

コーヒーをドリッパーに入れ「穴」を作る

コーヒー豆はフィルターをセットしたドリッパーに平らに入れ、真ん中に穴が開くようにします。大きさは深さ1~1.5センチ、直径1センチ。すりこぎ棒を使えば上手に穴ができますよ。指でも大丈夫です。こうするとお湯が均等に行き届き、豆の旨みを十分に引き出せます。
Photos:1枚
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS