ライター : ハツ

フードアナリスト

恵比寿・銀座、新宿や渋谷・中目黒・六本木・築地あたりの居酒屋から女子会に使えるグルメなランチ&ディナー、雰囲気のいいカウンターがあるお店、おひとりさまでもOKなお店、スイーツ…もっとみる

NYで大流行の“チョップドサラダ”って?

ニューヨークで大流行してから、日本でも話題になっているチョップドサラダ。ご存知ですか?? 「チョップドサラダ」とは……。 スプーンで食べられるように野菜を小さくカットして調理されたサラダ。自分の好きな野菜やトッピング、ドレッシングを自由に選べるカスタムメイドスタイルが特徴。たっぷりの野菜を一度に味わえ、ライスやパスタを混ぜるなど、自由自在にアレンジでき、メインディッシュとしても食べれるサラダです。

チョップドサラダ専門店が吉祥寺にOPEN!

本場ニューヨークスタイルの本格的なチョップドサラダが楽しめるサラダ専門店『わたしのサラダ製作所。MySALADFACTORY!』が2016年1月25日(月)吉祥寺にオープン!  場所は、吉祥寺駅の公園口から徒歩5分ほど。オシャレなカフェスタイルの概観はガラス張りで開放感があり、ひとりでも入りやすくてうれしい~。
オシャレなカフェ風♪

サラダのオーダーの仕方は2パターン

お店に入ると、元気な店員さんが、「いらっしゃいませ!」とおでむかえしてくれます。 サラダは、カウンターの前で店員さんとの会話や野菜カットのパフォーマンスを楽しみながらオーダーするスタイル。 気になるサラダのオーダーの仕方は2パターン。 お店オリジナルのレシピは9種類のラインナップ。定番の「オリジナル・チキンシーザーサラダ」やヘルシーな「ドラゴン・チャイニーズサラダ」などから選べます。 何を選んだらいいのかわからない……! という人はぜひ、ここからはじめてみてください。
オリジナルメニュー
そしてもうひとつは、カスタムサラダと呼ばれる、自分の好きな野菜やトッピングを組み合わせて作るサラダ。これが楽しい!!
カスタムメニュー
カスタムサラダのオーダーの仕方はとっても簡単。もちろん、店員さんがひとつひとつ説明しながら作ってくれるので安心!  まずは「ベース」と呼ばれ る、サラダのメインとなる野菜を選びます。国内農家から仕入れたロメインレタスやほうれん草、ガッツリ食べたい人にはパスタなどもオススメです。 ベースが決まったら、次はトッピング。18種類のトッピングと6種類のプレミアムトッピングの合計24種類から好きなものを選べます。
そして半月状のナイフを使って野菜やトッピングを小さくカットしていきます。ザクザクという音とリズミカルにカットされていくパフォーマンスは思わずじーっと見てしまう!野菜やトッピングか同じ大きさにカットされることで、きれいに混ざり合います。
最後に10種類以上あるドレッシングの中から好みのものを選びます。 ドレッシングも全て手作り! こってり系が好きな人には「バターミルクランチ」や 「キャロットチリ」がオススメ。さっぱり系が好きな人には「オニオン」や「フレッシュレモン」がいいアクセントになりますよ!

見た目もオシャレなチョップドサラダの完成

そうして完成した、オリジナルのチョップドサラダがこちら! ボウルにたっぷりの野菜が入ってヘルシーで見た目もオシャレ~。チョップすることでひと口に 全ての食材の味が混ざり合い、単純に「野菜を食べる」という感覚ではなく、サラダなにのメインを食べているような感覚が特徴です♪
4種類のベースに、20種類以上のトッピング、10種類以上のドレッシングで組み合わせは数百通り!まさしく、自分だけの「マイサラダ」が楽しめちゃいます。
その他、お店で手作りしているパンや飲み放題のレモネード、スープなどのサイドメニューも充実。ランチはもちろん、カフェタイムでも、会社帰りにサクッとごはんに立ち寄ってみても。

今ならオープン記念キャンペーン中

オープンを記念して1月25日~29日の5日間、1日100名限定でオリジナルエコバッグとこだわり野菜&卵をセットでプレゼント中!
年末年始で暴飲暴食してしまった……という人やダイエット中の人にもおススメ! ぜひ、この機会に話題のチョップドサラダを楽しんでみては?
【店舗情報】 ■店舗名:わたしのサラダ製作所。MySALADFACTORY! ■オープン日:2016年1月25日(月)11:00~ ■営業時間:11:00~22:00※年中無休 ■住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町1‐17‐7吉祥寺南YKビル1F ■電話番号:TEL:0422-72-6020/FAX:0422-72-6030
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS