ライター : 5コマで食べ方

普段の食事がもっと楽しくなるスマートな食べ方を大調査。「5コマでわかる食べ方のキホン」を写真付き紹介していきます。

意外と知らない「枡酒」の正しい飲み方って?

日本を代表するお酒といえば、日本酒。立ち飲み居酒屋などでは、枡の中にグラスを置き、そこに日本酒を注ぐ「もっきり」スタイルで出てくることもあります。 なみなみと注がれた日本酒はうれしい半面、「これってどうやって飲むの?」と困った経験がある人も多いはず!  そこで今回は、初心者でも安心して飲める「もっきり」の作法をご紹介します!

1)限界まで注いでもらう

「もっきり」スタイルで枡酒を出しているお店では、写真のように溢れるギリギリまで、日本酒を注ぎます。 店員さんをおだてて、表面張力の限界まで注いでもらいましょう。 ちなみに、「もっきり」とは「盛り切り」を由来とし、どれだけお酒を溢れさせられるか、という注ぎ手の心意気を表しているのだそうです。

2)グラスを持ってひと口

日本酒がこぼれないように、枡となかのグラスをゆっくり持ち上げて、まずはひと口。 グラスを持たずに、口を直接つけて飲んでいる男性も見かけますが、女子なら手で持ったほうがスマートです。

3)枡のお酒をグラスへ少々

グラスのお酒を半分ほど味わったら、枡の中のお酒を少しグラスに戻しましょう。 そうすれば、枡の中にグラスを置いてもお酒が溢れません。

4)最後はグラスを外して

最後は枡に残ったお酒をグラスのほうへ。 グラスの底は、おしぼりで拭いてテーブルに置くと上品です。 こぼれてしまったお酒もおしぼりでサッと拭いておきましょう。 残りのお酒を飲んだら、枡を変えずにそのままお代わりを頼むのがスタンダードです。

5)枡からも飲んでもOK

もちろん枡から直接飲んでもOKです。 木(主に檜)の香りがほどよくお酒に染み出して、独特の風味が広がります。ただ、枡を汚すと洗うのがたいへんなので、安い居酒屋さんではグラスから飲むのが主流のようです。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS