もう我慢しない!「ドクターズチョコレート」でダイエットをサポート

今回は、低GI・砂糖不使用の「ドクターズチョコレート」をご紹介。GI値を通常のチョコレートの約3~4割に抑えたチョコレートで、ダイエット中や糖質制限中にぴったりなんですよ。そんな「ドクターズチョコレート」の魅力について、まとめてみました!

サプリのように食べる「ドクターズチョコレート」

お皿に入ったドクターズチョコレートのうしろにパッケージ入りのドクターズチョコレートがある写真

Photo by ぽん

今回ご紹介するのは、株式会社「マザーレンカ」から発売されている、ダイエット中の方でも食べやすいノンシュガーグルメチョコレート「ドクターズチョコレート」です。ノンシュガーなのに、本格的なベルギー産クーベルチョコレートの味わいを楽しむことができるんですよ。

そんな健康食品「ドクターズチョコレート」の魅力は、一体どのようなところにあるのでしょうか。ダイエット中の方や、糖質制限中の方は要チェックですよ!

「ドクターズチョコレート」とは?

ドクターズチョコレートが器とスプーンの上に散らばっている画像

Photo by ぽん

砂糖不使用のチョコレート

こちらのチョコレート、最大の特徴は、なんと言っても砂糖が使われていないこと!代わりに使用されているのが、「マルチトール」という甘味料です。ベルギーチョコレートにマルチトールを加え、わたしたちの口に合う風味豊かで深みのある味わいに仕上げられています。

低GI値がダイエットをサポート

GI値とは、Glycemic Index(グリセミック・インデックス)の略で、食後の血糖値の上昇度を示す数値。食事をすると、摂取したものは体内で糖に変化し、血液中を流れていきます。 GI値が低い食品は、血糖値が上昇しにくいため、糖がおだやかに吸収され、脂肪がつきにくいといわれているんですよ。

一般的なチョコレートのGI値が91(※1)なのに対し、「ドクターズチョコレート」はミルクが36、ダークが26と、かなり低いことが分かります。(※2)

合成香料や代用油脂を使わない「安心・安全」の品質

毎日でも食べたいチョコレート、やはり気になるのはその安全性ですよね。なんと「ドクターズチョコレート」は、代用油脂・防腐剤・合成香料が一切使われていません。甘さはマルチトール、香りはブルボンバニラを使用しているため、それでも十分満足度の高いチョコレートなんです。

お子様が口にしても問題ありませんが、原料の一部に乳と大豆が使われているので、アレルギーを持っている方は注意しましょう。

「ドクターズチョコレート」シリーズは3種類

ノンシュガーミルク

ブルボンバニラが使用されたミルクチョコレートは、カロリーや糖質が低いとは思えないほど、濃厚でミルキーな味わいが楽しめます。口の中でゆっくりと溶かすように食べれば、満足度がアップしますよ。

ノンシュガーダーク

カカオポリフェノールの健康効果が得られる摂取量の目安は、一日200〜500mgとされています(※3)が、この「ノンシュガーダーク」は、ひと袋に目安を上回る690mgのカカオポリフェノールが含まれています。(※4)カカオ本来の風味が楽しめますよ。

サクッ to COBARA

こちらは、乾燥豆腐を使用したチョコレート。良質な大豆のキューブに、最高級のベルギー産チョコレートがたっぷりと染み込まれており、さらにシールド乳酸菌がプラスされた機能的なチョコレートなんですよ。

歯触りの良いサクッと食感で、本物のスナック菓子のような味わい。味、成分ともに満足度の高いお菓子です。

摂取するときの注意点

「ドクターズチョコレート」を食べる際は、ひと袋を一気に摂取するのではなく、ミルクの場合は11粒ダークの場合は12粒を目安とし、2〜3回に分けて食べるようにしましょう。

一度に大量摂取すると、甘味料として使用しているマルチトールという成分により、おなかがゆるくなる可能性があります。

薬局やクリニックで購入可能

特集

SPECIAL CONTENTS