日本初上陸!フライドチキン専門店「キョチョン」が六本木にオープン

韓国生まれのフライドチキン専門店「Kyochon(キョチョン)」の日本1号店「Kyochon 六本木店」が、2015年11月26日(木)に六本木・外苑東通り沿いにオープンします。ビールと相性抜群の新感覚フライドチキンをぜひ味わって!

新感覚フライドチキンが日本初上陸!

韓国生まれのフライドチキン専門店「Kyochon(キョチョン)」の日本1号店「Kyochon 六本木店」が、2015年11月26日(木)に六本木・外苑東通り沿いにオープンすることが決定しました!
「Kyochon(キョチョン)」は、1991年に韓国で誕生して以来、現在は韓国国内に加えて米国や東南アジア各国に約1,000店舗超を展開しているフライドチキンブランドです。

「チキン×ビール」を組み合わせたフードスタイルが大人気!

厳選したチキンを二度揚げして、オリジナルレシピによる秘伝のソースを一つ一つ丁寧にハケで塗って仕上げていくのが特徴で、これまでにない食感のフライドチキンが楽しめます。

4種のバラエティ豊かな味わい

また味の違うソースや衣で4種の異なるテイストが味わえるのも特徴です。いずれもビールとの相性抜群!
カリカリな食感が特徴の腕部位「ウィング」や、ジューシーなお肉のももの部位「スティック」の2種類のチキンを4種の味で楽しめます。

キョチョンオリジナルシリーズ

醤油・ニンニクが効いている秘伝のオリジナルソースを使っています。食べた瞬間にガーリックの風味が広がり、いくつ食べても飽きない味つけです。

キョチョンハニーシリーズ

蜂蜜のほのかな甘味が鶏肉の味わいを最大限に引き立てていいます。オリジナルの粉をツ方t特別な衣は、ハニーと絶妙な相性!

キョチョンサルサルシリーズ

ライスフラワーを使った逸品で、サクサク食感がやみつきになります。3種のソースを自分で付けて食べるシリーズでお好みの味を楽しんでみて。

キョチョンレッドシリーズ

辛さで有名な韓国産チョンヤン唐辛子が使われています。唐辛子の辛みで鶏肉の旨味がさらに引き立っており、ビールとよく合います。

本格炭火焼のグリルチキンや、サイドディッシュも

特集

SPECIAL CONTENTS