これだけ覚えておけばOK!日本酒の正しい注文の仕方

日本酒は色々種類もあってどう頼んでいいのかわからない事ありませんか。どのような種類があるのか、また日本酒に合う料理はどんなものかなどご紹介したいと思います。ある程度の知識を頭に入れておけば安心ですよ!是非頼み方の参考になさってくださいね。

まず、日本酒の種類についてご紹介します。

日本酒と一口に言っても色々な種類があります。そしてそれによって味や香りもちがってきます。簡単に日本酒の種類についてご紹介しますね。

吟醸酒

原材料は精米歩合が60%以下の白米。それをじっくりと発酵させます。味わいは淡麗でありフルーティーな香りが特徴と言えます。

大吟醸酒

上の「吟醸酒」の中でも精米歩合50%以下の白米でつくられたもののことを言います。以前は幻の酒とも呼ばれていましたが、今は入手できる機会も増えてきました。デリケートな味わいのお酒でもあります。

純米酒

原材料が精米歩合70%以下の白米・米麹・水でつくられたものです。お米のうまみを生かしたお酒と言えるでしょう。

本醸造酒

原材料は精米歩合70%以下の白米・米麹・水・醸造アルコールです。醸造アルコールを少し加えることでスッキリした味わいになっているんだそうです。

普通酒

原材料が白米・米麹・醸造アルコールなどで、一番飲まれている種類なんだとか。親しみやすい飲みやすいお酒です。

「日本酒度」で甘口・辛口の度合いを判断します。

「日本酒度」というものをご存知ですか?日本酒には甘口・辛口がありますが、その度数をはかるものが日本酒度なのです。摂氏4度の水の重さを基本としてそれより重いものはマイナス、軽いものはプラスということになります。

甘口のお酒であればあるほどマイナスの数字が大きくなっていき、辛口であればプラスの数字が大きくなっていくのです。

中辛のお酒を飲みたい方なら「プラス2」あたりの日本酒度のものをセレクトするとちょうど良いようですよ。ひとつの目安として知っておいて損はないでしょう。
また、もう一つの目安として、「淡い」、「濃い」があります。

オーダーとしては、「辛口でスッキリ」や「甘くて濃い感じの」と店員スタッフに伝えると応えてくれるでしょう。

どの日本酒がどの料理に合うのでしょうか?

さて、では日本酒の種類別にどんな料理が合うのか、お話ししていきますね。

吟醸系→淡白な素材の料理

「吟醸」と書かれているお酒を飲んでいる時は香りの高いお酒ということなのですが、肉などの料理ではなく淡白な素材を使った料理にマッチするようです。白身魚の刺身やカルパッチョ、おひたしなど。山菜の天ぷらやアボカドのサラダなども合います。大吟醸酒ならば意外にもフルーツも合うようですよ。

純米系→しっかり味のついた料理

純米酒の場合は、コクのある風味が持ち味ですので、白米を炊いて食べるときにおかずとして合うものを合わせて注文するといいようです。しっかり味のついたものがいいでしょう。魚の煮つけや肉料理、炒め物など。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

noranora69

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう