仙台「エウル」は横丁の奥にひそむ、ほっこりおいしいイタリアンカフェ

仙台でもっとも古い壱弐参(いろは)横丁を奥へ奥へと進むと現れる「cafe EUR(カフェ エウル)」。約10坪の小さなお店ですが本格的なイタリアンやおいしいスイーツ、コーヒーが楽しめるため、時間帯を問わずお客さんがひっきりなしです。

昭和な横丁の奥にこんなおしゃれカフェが!

仙台市青葉区の「cafe EUR(カフェ エウル)」。素材を生かした季節のイタリア料理とワインやスイーツを肩肘張らない雰囲気で楽しめるカフェですが、ちょっと変わったところにあるんです。
戦後の闇市から始まったという仙台でもっとも古い横丁、壱弐参横丁。カフェ エウルは、この昭和の香りを色濃く残す横丁を奥へ進んだところにあります。
思わず「見つけた!」と言ってしまいそうなほど、ひっそりと佇んでいるカフェ エウル。
このシックな看板が目印です。
店内は横丁の雰囲気とは打って変わり、モダンで落ち着いた装いとなっています。

ランチのパスタはいつでも自信作

14時までのランチタイムでは、絶妙なアルデンテに仕上げられた季節のパスタが週替わりで提供されます。
ランチメニューは、サラダ&ドリンクが付いて900円から。前菜やメインの料理を追加したコースの設定もあります。
どのランチにも焼きたての自家製フォカッチャが付いてきます♪

もちろんケーキも自家製です

14:00〜18:00のカフェタイムでは、自家製ケーキ&ドリンクのケーキセット(800円)がおすすめです。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

まりえう

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう