ワインのような超高級緑茶「MASA」を一度でいいから味わってみたいっ♪

今回紹介するのは、緑茶の常識を覆すワインのような超高級緑茶「MASA」。年に一度しか茶摘をしない茶畑から作った数々の賞を受賞する超高級緑茶なのです。日本人が好きな旨味と甘みがぎゅっと詰まっている間違いなしの緑茶です。

ワインのような超高級緑茶「MASA」

皆さんは緑茶を飲んだことはありますか?きっとほとんどの人があると答えると思います。しかし、今回紹介するのは、緑茶の常識を覆すワインのような超高級緑茶「MASA」。なんと価格は20万円以上!年に一度しか茶摘をしない茶畑から作った数々の賞を受賞する超高級緑茶なのです。
販売しているのは「Royal Blue Tea(ロイヤルブルーティー)」という湘南藤沢で誕生した完全無添加高級茶飲料メーカーです。ワインボトル入りの贅沢な高級茶飲料の中でも平成25年度農林水産祭「天皇杯」受賞の茶葉を使った緑茶である「MASA Super premium」は桐箱に入っていて値段も30万円ほど。

煎茶の最高峰「天竜茶」を使用

「MASA premium」は年に一度しか茶摘をしない静岡県西部を流れる天竜川上流域に位置している茶畑の煎茶の最高峰「天竜茶」を使用。ここの茶園で採れるお茶は寒暖の差が大きいため味わいも濃厚に仕上がっています。
「MASA Super premium」は、農林水産大臣賞受賞茶葉を使用。日本人が好きな旨味と甘みがぎゅっと詰まっており、水のみで抽出させるので最低でも3日間がかかるのだとか。「MASA」の中には2万円程度で購入できるものもあります。一度は飲んでみたいけど、さすがに20万円は出す勇気がないという人は、こちらの2万円から始めてみてはいかがでしょうか?
こちらはオンラインショップで販売しているので、気になった人はぜひのぞいてみてください♪

特集

SPECIAL CONTENTS