西麻布「ルエル・ドゥ・ドゥリエール」の元祖ミルクレープが食べたい!

外苑西通りの一本裏に佇む「ルエル・ドゥ・ドゥリエール」。ミルフィーユ発祥のケーキ店で大人がくつろげる裏通りのカフェ。テイクアウトもできるので、手土産としても喜ばれます♡仕事の合間やホッと一息つきたいときにいかがですか?

2018年9月4日 更新

ライター : mchi31

趣味は食べること。特技は美味しそうに食べること。休日の過ごし方はおいしいものを食べること☺️

ミルクレープ発祥のケーキ店

みんな大好き「ミルクレープ」。 見た目も綺麗で、手間がかかっている分、なおさら美味しく感じますよね。なんと発祥は日本なんです! その「ミルクレープ」発祥のケーキ店「ルエル・ドゥ・ドゥリエール」を紹介します♪
外苑西通りの一本裏手に位置する「ルエル・ドゥ・ドゥリエール」。 37年前の1978年にオープンした、ミルフィーユ発祥のケーキ店です。オープン以来、ミルクレープやシフォンケーキを中心に、大人がくつろげる裏通りのカフェとして愛されています。 西麻布の閑静なエリアに、落ち着いた雰囲気を漂わせている隠れ家のような佇まい。ケーキ屋さんにもかかわらず、深夜2:30まで利用できるのは嬉しいですね♪
店内は木目と白を基調とした、シンプルで落ち着いた雰囲気です。 アットホームでこじんまりとした空間は思わずくつろいでしまいます。 初夏ごろから、オープンカフェになるので、ふんわりと入ってくる風がとっても気持ちがいいです♡
店内には、ケーキがずらっと並んだショーケースが! もちろんテイクアウトもできるので、手土産にぴったり。美味しそうなケーキがたくさんあるので選ぶのも迷っちゃいますね♡

職人の技を感じる元祖ミルクレープ

こちらが「ルエル・ドゥ・ドゥリエール」の看板メニュー『ミルクレープ』。 生地の間にフルーツなどを挟まない、デコレーション無しのシンプルなミルクレープです。
均一な厚みの極薄生地に、カスタード入りの生クリームが何層にもなっているこの見た目に圧倒されます! 職人の技が込められた逸品です。
一枚一枚、丁寧に焼き上げたクレープはしっとりとして、柔らかく、舌触りがとても良いです。層の間にあるカスタード入りの生クリームは、ミルキーで風味が良くとても軽いのでくどさを感じさせません。 シンプルなのに繊細なミルクレープは、一度食べたら忘れられません。かなり濃厚なのに、気が付いたらペロリと完食してしまいます。
「深夜スイーツ」が欲しくなってもここならまだ開いてます! 極上のミルクレープ、ぜひ味わってみてください♪

店舗詳細

・住所:東京都港区西麻布4-3-10 H・T西麻布ビルディングXⅠ 1F ・TEL:03-3409-1385 ・営業時間 :[月~土]11:00~翌2:30、[日]11:00~23:00 ・参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130703/13001315/
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS