厳選! 東京・渋谷エリアで絶品ラムチョップが味わえるお店4選

近頃、子羊(ラム)のあばら肉のついた背肉を扱った料理“ラムチョップ”が人気を集めているという。あまりなじみのない料理だが、その味はラム肉の常識を覆すほど美味なのだ。あの独特のクセもなく、骨付き肉特有のジューシーな味わえるのが魅力。今回は、渋谷、中目黒、代々木、恵比寿の美味しいラムチョップが堪能できるお店をご紹介する。シシカバブ、チョップハウス、デートetc...

【渋谷エリア】絶品ラムチョップが味わえるお店

近頃、骨付きラムのグリル料理“ラムチョップ”が人気を集めているという。あまりなじみのない料理だが、その味はラム肉の常識を覆すほど美味なのだ。あの独特のクセもなく、骨付き肉特有のジューシーな味わえるのが魅力。今回は、渋谷、中目黒、代々木、恵比寿にしぼって、美味しいラムチョップが堪能できるお店をご紹介する。

【渋谷】beacon

出典:www.instagram.com

東京都渋谷区渋谷1-2-5 1F
03-6418-0077

平日/11:30~14:00(LO)、18:00~22:00(LO)
土曜/11:00~15:00(LO)、18:00~22:00(LO)
日祝/11:00~15:00(LO)、18:00~21:00(LO)
ランチ営業、日曜営業

東京・渋谷の「beacon urban chop house」(beacon)は、米国に古くからある業態「チョップハウス」をテーマにしたレストラン。グリルをメインに、様々な料理が楽しめることで人気を博している。

「beacon」のテーマは、「アーバンチョップハウス」である。チョップハウスは、アメリカでは伝統的な業態で、いわゆる「ステーキハウス」と異なるのは、シーフードも提供していること。グリル料理をメインに、前菜、野菜料理など幅広いメニューを手頃な価格で楽しめるのが魅力だ。

出典: nr.nikkeibp.co.jp

香ばしくなるまで表面を焼き、ラムのわりに脂ものっていて、最高な食感。
ぜひ、一度食べてみるべき。

出典: tabelog.com

【代々木】BISTRO ひつじや

出典:www.instagram.com

東京都渋谷区代々木1-59-1 オーハシビル 2F
TEL 03-3320-3651

[月~金]
11:30~15:00
18:00~24:00
[土]
11:30~15:00
17:30~24:00
[日]
11:30~15:00
17:30~23:00

とにかくいろんな羊肉料理が食べたい人のための店。定番のラムチョップやシシカバブからラムのタタキ、チュニジアぎょうざ、羊の脳みそなどなど、なかなかお目にかかれない料理がたくさん。 お酒は全て原価+100円という飲む人に嬉しい価格設定も魅力。

出典: 30min.jp

ランチでも羊肉を食べられるという稀少性と、立地からは考えられないオドロキの安さは◎。
夜は、羊肉のタタキや、羊の脳みそなども食べられるので、羊好きにはマストなお店です☆

出典: fallindebu.net

【恵比寿】club小羊 恵比寿店

出典:www.instagram.com

東京都渋谷区恵比寿西1丁目2−7 幸ビル2F
TEL 090-9818-9981

「月~土」
18:00~22:30(LO)
「日、祝」
17:30~22:00(LO)

特に驚いたのが、ラムチョップの厚み。かつて見たことのない厚さ! ジンギスカン鍋に脂側をくっつけて最初に焼くのがオススメ。横向きに置いても立ってるよー!! 

パーフェクト!! 中はレアでも食べられるので、脂の面と、裏表をカリッと焼いたら完了。驚いたことに、焼いても縮みません。大きなラムチョップを手づかみでガブリとやる喜び。比類なき幸福。すんごくジューシーですんごく柔らかくて脂身が美味しかった。

出典: wajo.cocolog-nifty.com

【中目黒】ULTRA CHOP

そして看板メニューのラムチョップ。その名もウルトラチョップ。
ふっかふかで柔らかくてビックリしました!
ニュージーランド産の最高級のラムなんだそうです。まだ若いから、臭みとか癖が全然ないらしい。食べたことないおいしさで、おかわりしちゃいました。

出典: nacchan.ldblog.jp

濃厚なうまみに思わず頬が緩む、至高のラムチョップ
提供するのは本場ニュージーランドから仕入れる最高品質のラムチョップ。1本1本丁寧に炭火にかけ、グッとうまみを閉じ込める。癖がなく、ワインとの相性もよい。女性も通える明るい雰囲気。普段使いのリストに加えておきたい。

出典: partner.jal.co.jp

特集

SPECIAL CONTENTS