老舗からトレンド菓子・雑貨まで!「金沢」でおすすめのお土産24選

北陸新幹線開通によって、観光で行く機会も増えた小京都・金沢。旅行に行ったら、お土産選びも重要なポイントですよね。「センスがいい!」と喜ばれるかわいい人気スイーツから和菓子まで、おすすめ土産を厳選してご紹介します!

金沢観光、お土産はどうする?

金沢観光といえば、日本3名園のひとつ「兼六園」は外せないでしょう。もちろんそれだけではありませんね。世界でも有数の美しい駅にもノミネート「金沢駅」、日本で最も注目される美術館のひとつ「金沢21世紀美術館」、金沢の食文化を支える市民の台所「近江町市場」、美しい風情ある街並みの「ひがし茶屋街」など、金沢にはとても魅力的な観光スポットがあります。

新幹線の開通で都心からのアクセスもかなり良くなりましたね。今回は、そんな金沢観光の際に、ぜひおすすめしたいお土産を集めてみました。

老舗の味!伝統ある和菓子

1. きんつば中田屋 「きんつば」

たっぷりのあんこを、うすい小麦粉の生地でくるんで焼いた「きんつば」は、金沢の人々に長く愛されている和菓子。
厳選された大納言あずきを絶妙のゆで加減で作り、甘みを引き立てる絶妙の塩加減がおいしさの秘密です。価格は、5個入り842円(税込)からです。

ITEM

きんつば中田屋 きんつば

内容量:10個

¥1782〜 ※2018年5月21日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
【店舗情報】
■住所:石川県金沢市東山3丁目4番30号
■電話番号:076-252-1048
■営業時間:平日9:00~18:00
■定休日:無し
■公式サイト:http://www.kintuba.co.jp
■参考URL:http://tabelog.com/ishikawa/A1701/A170101/17000067/

2. 柴舟小出 「柴舟」

柴を積んだ舟をかたどったお菓子「柴舟」。少し反った小判型にうっすらと白砂糖がかかった上品なお菓子です。価格は14枚入りで756円(税込)。
生姜がピリリと効いていて、甘さの中にもほどよいアクセントになっています。食べやすく、老若男女に愛され続けている「柴舟」は、なんと加賀藩(江戸時代)のころに誕生したお菓子なんだとか。

ITEM

柴舟小出 柴舟

内容量:40枚

¥2160〜 ※2018年5月21日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
【店舗情報】
■住所:石川県金沢市木ノ新保町1-1 金沢百番街
■電話番号:076-260-3754
■営業時間:8:30~19:00
■定休日:無休
■公式サイト:http://www.shibafunekoide.co.jp/
■参考URL:http://tabelog.com/ishikawa/A1701/A170101/17005677/

3. 圓八 「あんころ餅」

「あんころ餅」の歴史はとても古く、圓八(えんぱち)創業時の1737年から「あんころ」誕生の昔話が伝わっていたのだとか。お餅をたっぷりのあんこで包んだシンプルなお菓子ですが、シンプルだからこそ実は難しく、味に差が出るのです。

特集

SPECIAL CONTENTS