ライター : china0515

フードアナリスト2級 / フードスペシャリスト

macaroni随一のスイーツマニア。365日コンビニアイスを食べ、新商品のチェックは欠かさない。休日はカフェ巡りに勤しみ、気になるスイーツがあればどこへでも飛んでいく生粋の甘党。

沖縄のソウルフード人気店が東京初進出!

Photo by china0515

2022年9月17日(土)、「東京ミッドタウン八重洲」2022年3月のグランドオープンに先駆けて、地下1階の13店舗が「バスターミナル東京八重洲」とともに、先行オープン!

13店舗のうち、東京初出店店舗となる「ポーたま 東京ミッドタウン八重洲店」では、沖縄のソウルフード「ポークたまごおにぎり(=ポーたま)」を楽しめますよ。

この記事では “ポーたま” の気になる味わいと、魅力をたっぷりとご紹介します。

ポーたま 東京ミッドタウン八重洲店

Photo by china0515

「あたたかい幸せと食文化を片手につめて、日本から世界へ」をミッションに、沖縄のソウルフード「ポークたまごおにぎり」の作りたてを提供する、日本初のポークたまごおにぎり専門店。

沖縄県内に5店舗、福岡県内に2店舗、ハワイに1店舗を構え、今回東京初出店として「東京ミッドタウン八重洲店」をオープンしました。

Photo by china0515

「ポーたま」では沖縄の家庭と同じように「より多くの人に愛情のこもったもっともおいしいできたてを食べてほしい」という想いから、すべての店舗でオーダーを受けてから手作りされています。

また、東京初出店の新しい試みとして、特別にポーたまオリジナルのポークランチョンミートを開発。沖縄県産豚肉100%使用で、保存料・発色剤不使用、食べやすいサイズです。

お米はおにぎり向きの粘り強さと、つぶ感のある精米から4日以内の米だけを各地で厳選して使用されており、水分を閉じ込め、さめてもおいしい羽釜炊きごはんです。たまごも採れて4日以内の新鮮な卵のみを使用。海苔は旨みが凝縮された有明産を使用しているなど、こだわりが詰まっています。

スタンダードで人気定番「ポーたま」

Photo by china0515

390円(税込)
人気定番のスタンダードな「ポーたま」。有明産の海苔に、お米、玉子、ポークランチョンミートを挟んだ、それぞれの素材をもっともダイレクトに味わえるメニューです。

シンプルなので片手で手軽に食べやすく、たまごの風味とふんわりとした食感、ポークランチョンミートの肉感とほどよい塩味が相性抜群。一度食べたらやみつきになります。

東京限定メニュー!「海老と小柱のかき揚げ」

Photo by china0515

800円(税込)
スタンダードメニューのほか、店舗ごとにその土地の特産の食材に根ざした食文化を詰め込んで展開するリミテッドスメニューとして、期間限定で東京ならではのメニューも順次展開されます。

オープン時は11月末までの期間限定・数量限定で、「海老と小柱のかき揚げ」が登場しますよ。

Photo by china0515

「海老と小柱のかき揚げ」は、断面がすごく、ボリューム満点なメニュー!かき揚げも注文してから揚げるので、サクッとした揚げたてのアツアツで香ばしい味わいを楽しめますよ。

たまごやランチョンミートとのバランスもよく、満足度も高い逸品です。

東京限定メニューと発売期間

商品名販売期間
海老と小柱のかき揚げ2022年9月17日(土)~11月30日(水)
煮穴子2022年12月1日(木)~2023年1月31日(火)
明太もちもんじゃ2023年2月1日(水)~3月31日(金)

さんぴん茶シークワーサー

Photo by china0515

350円(税込)
ポーたまと合うドリンクメニューも充実。さんぴん茶にシークワーサーが入った「さんぴん茶シークワーサー」。さわやかなシークワーサーの香りが楽しめて、さっぱりとした後味がポイントです。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ