最新デートは代々木上原「セララバアド」- モダンガストロノミーを体感せよ!

もし次回、彼とデートするなら是非このお店に行きたいと言ってほしい。そして、カジュアルモダンガストロノミーを味わってほしい。二人の驚きと満足する顔が想像できることだろう。お値段もしっかり抑えられてるので、ご安心を。

驚きと喝采、デートで行くべきレストラン

こんにちわ、メシ五郎です。今回も予約台帳サービス「トレタ」の方に呼んで頂いて、最新グルメのレポートをさせてもらう事になりました。

今回のお店は、代々木上原にあるモダンガストロノミーのお店「セララバアド」。あの世界NO.1レストラン「noma」で修行をされた事のあるシェフが作る料理という事で、お店に入る前から胸が高まっております。

予約はこちらから。
住宅街にひっそりとセララバアドはありました。外観から漂うおいしい雰囲気。店内も気取った様子ではなく、北欧雑貨や木をベースにした心地よい空間に。カップルや友人はもちろんファミリーにもおすすめと言えるでしょう。
さっそくテーブルにつき、シャンパンで乾杯。本日のメニューを見てみるが、これがまた何のどんな料理なのか、さっぱりわからない(笑)トピナンプール?早春の大地?いやー期待が膨らみますっ!
お通しの「“泥ぶた”の生ハム」。放し飼いの豚という事で、威勢もよくきっとうまいんでしょう。でも、そこじゃない。なんだこの球体わ!!おしゃれ過ぎるだろ!

こちらはオリーブオイルなのです。生ハムをかじって、オリーブオイルをするっと飲む。これぞ最新スタイル。オシャレだねー!!!泥ぶたの塩加減が効いていてパンが進みます。
これからが一品目。こちらの料理名は霜柱。

海藻の泡に、超うすーく伸ばしたポテトチップを付けて食べる。超うすーく伸ばしたポテトチップスの下に敷いてあるのは、ポピーの種。

海藻の泡?なんだこれわっ。

これが、モダンガストロノミーというものなのか。
続いては、トピナンプール。和名を菊芋という。初めて食べた!程よい甘みと、やらかい食感。タイムとパプリカのソースが美味で御座いました。
シャンパンからワインに変更。広島産ワインシャルドネ「TOMOE」。驚くくらいに樽香が強く、ややクセのあるワイン。でも飲んでみるとバランスがよくて、どんな料理とも合いそう。美味しい!

特集一覧

SPECIAL CONTENTS