最新デートは代々木上原「セララバアド」- モダンガストロノミーを体感せよ!

もし次回、彼とデートするなら是非このお店に行きたいと言ってほしい。そして、カジュアルモダンガストロノミーを味わってほしい。二人の驚きと満足する顔が想像できることだろう。お値段もしっかり抑えられてるので、ご安心を。

2015年3月6日 更新

驚きと喝采、デートで行くべきレストラン

こんにちわ、メシ五郎です。今回も予約台帳サービス「トレタ」の方に呼んで頂いて、最新グルメのレポートをさせてもらう事になりました。

今回のお店は、代々木上原にあるモダンガストロノミーのお店「セララバアド」。あの世界NO.1レストラン「noma」で修行をされた事のあるシェフが作る料理という事で、お店に入る前から胸が高まっております。

予約はこちらから。
住宅街にひっそりとセララバアドはありました。外観から漂うおいしい雰囲気。店内も気取った様子ではなく、北欧雑貨や木をベースにした心地よい空間に。カップルや友人はもちろんファミリーにもおすすめと言えるでしょう。
さっそくテーブルにつき、シャンパンで乾杯。本日のメニューを見てみるが、これがまた何のどんな料理なのか、さっぱりわからない(笑)トピナンプール?早春の大地?いやー期待が膨らみますっ!
お通しの「“泥ぶた”の生ハム」。放し飼いの豚という事で、威勢もよくきっとうまいんでしょう。でも、そこじゃない。なんだこの球体わ!!おしゃれ過ぎるだろ!

こちらはオリーブオイルなのです。生ハムをかじって、オリーブオイルをするっと飲む。これぞ最新スタイル。オシャレだねー!!!泥ぶたの塩加減が効いていてパンが進みます。
これからが一品目。こちらの料理名は霜柱。

海藻の泡に、超うすーく伸ばしたポテトチップを付けて食べる。超うすーく伸ばしたポテトチップスの下に敷いてあるのは、ポピーの種。

海藻の泡?なんだこれわっ。

これが、モダンガストロノミーというものなのか。
続いては、トピナンプール。和名を菊芋という。初めて食べた!程よい甘みと、やらかい食感。タイムとパプリカのソースが美味で御座いました。
シャンパンからワインに変更。広島産ワインシャルドネ「TOMOE」。驚くくらいに樽香が強く、ややクセのあるワイン。でも飲んでみるとバランスがよくて、どんな料理とも合いそう。美味しい!
続いて、根セロリ 折り鶴 柚子、という料理。この折り鶴、食べられるんです!もう作品ですよめ。さらに中央のお肉のようなものは、ほろほろドリのフォアグラに、キノコとしょうがのソース、そして森の香りを付けました、とシェフ!森の香り・・・するっ!
続いてやってきたのが、気になっていた“早春の大地”。なるほど、そういう事なんですね!(笑)
まさに大地です。雪化粧をイメージし、ふき味噌、アボカド、オリーブの田んぼを作ったとの事。新鮮な野菜たちが土から食べてほしいと言わんばかりなんですよ!しかも、土の下はアボカドになっていてすべて食べられるんです!
キッチンはオープンになっていて終止このような感じ。LIVE感があり、思わず写真を撮ってしまうのです。カウンター席も一応はあるんですが、2名1組のみ。シェフの神業を間近に。これは早い者勝ちかも。
それぞれが作業の役割があり、交互に盛り付けていく。まるでショーですね。
ショーを見ていて完成したのがこちらの一品。才覚海老 カルドッソ。「カルドッソ」とは「スープっぽい物」の意味。パエリアよりもスープ多めのリゾットって感じだろうか。これがまた非常に美味しかったわけですが。

実は海老の頭部分は揚げてあり、でも身の部分は生という一度に二度美味しいスタイルで御座います。お米も甲殻類の出汁が効いてて最高。
続いて登場したのが、ユリ根 トリュフ。ガストロノミーといえば、エスプーマのイメージがあったので間近で見れてよかった。

というか、とても美味しかった(笑)。手羽先のスープに、トリュフ。トリュフのもう香りがたまらない。
ワインも白から赤へ。こちらは「peau rouge」というルーション地方の希少ワイン。ややスパイシーで程よいタンニン、バランスが良いコスパワイン。ワインへのこだわりもいいですね。
そして、次の料理を待ち構えていると、
何やら、キッチンで煙がっ!火事かいっ!?

いーえー、料理です!!
これぞモダンガストロノミー!

何してるかわかります?スモークしてるんですスモーク!
メイソンジャーのような瓶の中に、ずぼーっと。そして蓋をし、閉じ込める。それをお客さんの元へ運び、オープン!するとスモークされたチップのいい香りがっ。一瞬で薫製料理が出来上がったわけです。パフォーマンも味も素晴らしい。
出てきたのがこちら。
蓋を開けると先ほどのスモークがっ。

蓋を開けると先ほどのスモークがっ。

そしてデザート「冬の湖」。(この前に、もう一品メインがあったのですが興奮のあまり写真を撮り損ねました。すいません。。)

飴で氷の表面を作り、その中にひっそりと浮かぶは、カスタードのエスプーマにベリーソースを掛けたもの。表面の飴を割ることで、中のスイーツが登場し、食べる楽しさが増す。これは女性は嬉しくなってしまうだろう。
そしてこちらもデザート。下から京人参のマカロン、フィジーチョコ、ラズベリーソーダ、オリーブオイルグミ。

どれも初めて食べるような感覚。特にオリーブオイルグミは今後市販でもされれば大流行しそうな予感。ラズベリーソーダは遊び心がある中にパチパチと刺激するラムネが入っていて楽しい。
以上、大満足の結果となりました。

セララバアドはすべてコースのみで、料金は6,800円(税別、テーブルチャージ500円)。この雰囲気とこの面白さ、そしてクオリティの高い料理とワイン。

デートするなら是非、セララバアドをチョイスしてほしい。予約は6月からしか空いてないけど。。

セララバアド

住所:東京都渋谷区上原2-8-10 TWIZA上原1F
電話番号:03-3465-8471
ランチ: (未定)12:00 - 14:00(要予約)
ディナー:18:30 - 23.00(要予約)
※定休日月曜日を中心に月6回
席数:シェフズカウンター2席、テーブル12席、テラス2席

公式HP:http://www.celaravird.com/
セララバアドWEB予約はこちら。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

メシ五郎

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう