ライター : suncatch

食生活アドバイザー / パンシェルジュプロフェッショナル/薬膳コーディネーター

【梅田】大阪のおすすめ食べ歩きグルメ4選

1. お芋スイーツが大人気「蜜香屋(みっこうや)バタータス」

Photo by @marimarimaria_k

JR大阪駅東側高架下のショッピング街「梅田エスト」内にある「蜜香屋 BATATAS(みっこうや バタータス)」は、焼き芋とお芋スイーツが人気の芋喫茶です。本店は大阪・中崎町の商店街にあります。

提携農家直送のさつま芋を使用したこだわりの焼き芋や、バラエティ豊かなお芋スイーツが多くの女性の心を掴んでいますよ。イートインは行列必至のため、テイクアウトメニューが狙い目です。ちなみに夜は、芋ビールを飲める「芋酒場」に変身します。

おいもとアイス

Photo by @reirei_819

780円
「おいもとアイス」は、小ぶりの焼き芋に2種類の焼き芋アイスをのせた、蜜香屋を代表する大人気メニューです。甘くなめらかな焼き芋に風味豊かな焼き芋アイスが絶品。「スプーンが止まらない!」との声が、口コミサイトに多く寄せられていますよ。

紅茶とお芋を練り込んだソフトクリームが濃厚な「やきいもサンデー」も、人気のテイクアウトメニューです。

おすすめポイント

  1. さつま芋スイーツが楽しめる人気店
  2. 甘い焼き芋とアイスをあわせたメニューがおすすめ
店舗情報

2. 焼きたてもちもちが絶品「阪神名物いか焼き」

Photo by @ryutarou0923

阪神梅田本店地下1階の「スナックパーク」は、関西の味を気軽に楽しめる立ち食いスタイルのフードコート。名店が軒を連ねるなかでも「阪神名物 いか焼き」は、昭和32年から出店している特別な存在です。

「いか焼き」は、いかの切り身を混ぜた小麦粉生地のシンプルな粉もん。専用の鉄板で挟み、プレスして焼くのが特徴です。買い物帰りのお土産用にテイクアウトする人も多く、行列が絶えない人気ぶりですよ。

いか焼き(上)、デラバン(下)

Photo by @ryutarou0923

187円、242円(ともに税込) ※いか焼き、デラバンの順
「いか焼き」の特徴は、なんといっても生地のちもちとした食感。プリっとしたいかの旨味とソースが絶妙で、ペロリと食べてしまうおいしさです。ちいさめサイズで、おやつやおつまみにぴったり。

大阪でもいか焼き専門店は少なく、家庭で完全再現するのはむずかしいため、食べたことがない方はぜひ味わってみてください。卵を加えてふんわり仕上げた「デラバン」や、しょうゆ味の「ネギいか焼き」もおすすめです。

おすすめポイント

  1. 常に行列ができる阪百貨店名物のグルメ
  2. 食べ歩きにもお土産にもぴったり
店舗情報

3. 半世紀以上愛されるジューススタンド「梅田ミックスジュース」

Photo by @ tabe_nomi_1515

大阪・梅田で50年以上愛されているお店。阪神電車梅田駅改札前の名物ジューススタンド「梅田 ミックスジュース」です。

定番商品の「ミックスジュース」「小松菜ミックスジュース」「レモンジュース」のほか、期間限定のフルーツジュースをお手頃価格で楽しめます。

ビジネスマンから親子連れ、買い物帰りの女性まで行列が絶えませんが、店員さんの対応がテキパキとしていて、それほど待つことなく購入できますよ。

ミックスジュース

Photo by @ tabe_nomi_1515

200円(税込)
一番人気は大阪名物の「ミックスジュース」。爽やかなみかんの酸味に桃とバナナの甘み、ミルクのまろやかさが絶妙なバランスで、ごくごくと飲めるさっぱりとした味わいです。

コップの淵までなみなみと注がれたミックスジュースが、なんと200円(税込)!定番の「メロンジュース」、季節のフルーツを使った限定メニューの多くが200円台で提供されていて、コスパ抜群です。

おすすめポイント

  1. 飲みきりやすいサイズのドリンク
  2. 昔ながらのミックスジュースがおいしい
店舗情報
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ